「ベビーオイル ラボ」では、ベビーオイルに関する情報を紹介しています。

 

ベビーオイルについて知りたいことがある場合には、ぜひ「ベビーオイル ラボ」の内容をご参考ください!

 

ベビーオイルとは

 

 

ベビーオイルって何?

ベビーオイルは、乾燥しやすい赤ちゃんの肌を保湿するためのグッズです。デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使えるように、低刺激で優しいオイルとなっています。

 

もちろん、赤ちゃんだけでなく大人のスキンケアにもベビーオイルは使用されます。

 

そして最近では、保湿だけでなく髪のセットやクレンジングなどにも利用されています。

 

ベビーオイルの使い方を紹介!赤ちゃんから大人にまでオススメの使い道・活用法

 

成分

ベビーオイルはメーカーによって含有成分が異なりますが、大きく分けると2つのタイプがあります。

 

1つ目は、鉱物油(ミネラルオイル)が主成分のベビ―オイルです。ミネラルオイルは肌へ浸透しないこと、酸化しにくく安定なため安全性が高いことが特徴です。

 

2つ目は、植物油が主成分のベビーオイルです。植物油は油分を抽出する植物によって成分が異なるので、それによって様々な効果が期待できます。

 

ベビーオイルの成分とその効果を紹介!ジョンソン、ダイソー、ピジョンなど

 

保湿

ベビーオイルに期待できるのは保湿効果です。

 

肌の表面をベビーオイルで保護することで、皮膚から水分が蒸発するのを防ぐことができます。ただし、全てのベビーオイルに潤い成分が含まれているわけではないので、肌への水分補給を行ってからベビーオイルを塗るのがポイントになります。

 

ベビーオイルの保湿力で顔や体をケア!赤ちゃん・大人への効果的な使い方を紹介

 

ローションとの併用で保湿効果が高まる

化粧水などのローションで肌に潤いを与えてからベビーオイルを塗ることで、保湿効果が高まります。

 

ベビーオイルとローションは併用がおすすめ!赤ちゃんも大人も保湿する方法

 

売り場

ベビーオイルは、ベビー用品やスキンケア用品コーナーに置かれていることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

ベビーオイルの使い方

 

 

髪のセット

ウェットヘアにセットする際に、ベビーオイルをヘアオイルの代わりとして使用することができます。

 

他にも、パーマをかけた髪のセットや、サラサラのストレートヘアーに見せるのにも便利です。

 

ベビーオイルで髪をセット!ウェットヘアのやり方やつけすぎの対処方法を紹介

 

ヘアケア

植物油が主成分のベビーオイルを髪に使用することで、トリートメント効果が期待できます。

 

また、シャンプーにベビーオイルを使用することで、パサつかずサラッとした仕上がりになります。

 

ベビーオイルで髪をケア!ヘアケアへの使い方やパックの効果などを紹介

 

顔のケアやニキビ予防

ベビーオイルを使用した保湿によって、ニキビの中でも乾燥が原因となってできる大人ニキビへの予防効果が期待できます。

 

また、オイルパックやフェイスマッサージにも使用できます。

 

ベビーオイルの顔への効果的な使い方を紹介!保湿やマッサージ、パックなど

 

頭皮ケア

ベビーオイルの保湿効果によって、頭皮の乾燥が原因で発生するフケ対策ができます。

 

また、ベビーオイルで頭皮クレンジングを行うと過剰な皮脂を流せるので、皮脂による嫌な臭いを予防できるでしょう。

 

ベビーオイルの頭皮クレンジングへの使い方!マッサージでフケや臭いを予防

 

マッサージオイル

ベビーオイルはマッサージオイルとしても使用できます。

 

ミネラルオイルは肌に浸透しない上に肌に優しい作りになっているため、使用しても問題ありません。また、植物油タイプのベビーオイルは、マッサージオイルと成分が似ているので、マッサージオイルとしての使用に向いているでしょう。

 

ベビーオイルでマッサージ!顔や足(脚)などに効果的な使い方を紹介

 

クレンジング

ベビーオイルを使用することで、毛穴の皮脂が浮いて汚れが落ちやすくなるでしょう。

 

また、いちご鼻には、ベビーオイルを塗った綿棒でクルクルと優しくマッサージするといいです。一回で黒ずみが完全に落ち切るということではないですが、毎日継続して行うことで効果が得られやすくなります。

 

ベビーオイルでクレンジング!毛穴ケアのやり方を覚えて角栓の目立たない美肌に

 

メイク落とし

クレンジング剤によっては肌への負担が大きいこともあるので、ベビーオイルをクレンジング剤として使用してみてはいかがでしょうか。

 

クレンジング剤を使用するよりも時間をかける必要がありますが、お肌に優しいメイク落としができます。

 

ベビーオイルをメイク落としに使う方法を紹介!

 

洗顔

洗顔料にベビーオイルを混ぜることで、きめ細かい泡で洗顔ができます。

 

また洗顔後も、つっぱり感のないモチっとした肌に仕上がります。

 

ベビーオイルを洗顔料に混ぜると効果的!詳しい使い方などを紹介

 

赤ちゃんのケア

ベビーオイルは赤ちゃんのケアに大活躍します。

 

沐浴後の全身保湿や脂漏性湿疹のかさぶた落とし、便秘解消のための綿棒浣腸など用途は様々です。

 

ベビーオイルで赤ちゃんの顔や体を保湿!おすすめの使い方を紹介

 

スポンサーリンク

 

おすすめのベビーオイルランキング

 

 

1.ジョンソンエンドジョンソン

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

 

ジョンソン ベビーオイルは、主成分のミネラルオイルと酢酸トコフェロールの2つからできています。

 

ベーシックなベビーオイルのため、幅広く使えるのが特徴です。

 

また、クセがないので、はじめてベビーオイルを使用するという方もお手軽に使えるでしょう。

 

 

ジョンソンエンドジョンソン ベビーオイルの成分や使い方を紹介!

 

2.ダイソー(100均)

ダイソーなど100均のベビーオイルは、100円でもしっかりと使えます。

 

ミネラルオイルが主成分のもの、植物油が主成分のもの様々です。

 

ベビーオイルをお試しで使いたい方や、少量だけ欲しいという方にオススメです。

 

100均(ダイソー・セリア)のベビーオイルがいい!成分や使い方を紹介!

 

3.ヴェレダカレンドラ

 


ヴェレダ カレンドラベビーオイル 200ml

 

ヴェレダ カレンドラベビーオイルは、植物油が主成分のベビーオイルです。

 

アーモンド油やゴマ油など栄養豊富な成分が含まれています。

 

ミネラルオイルに抵抗のある方や、美容効果も期待したい方にオススメです。

 

 

4.TKコーポレーション

馬油 ベビーオイル 300ml

 

馬油ベビーオイルは、ミネラルオイルに加えて潤い成分の馬油が配合されています。

 

ミネラルオイルだけではお肌に潤いを与えることができませんが、馬油によって水分補給も行える優れものです。

 

おすすめの人気ベビーオイルを紹介(値段や口コミも)!髪のセットや美容にいいのは…

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ