100均(ダイソー・セリアなど)でベビーオイルが手に入るのを知っていますか?

 

100均のベビーオイルは、安くても様々な用途で役立つのでオススメです。

 

本記事では、ベビーオイルの成分や使い方などを紹介しています。

 

ベビーオイルの成分

 

 

100均のベビーオイルはお店によって異なる商品が置いてあるため、様々な種類が存在します。

 

例えばダイソーでは、植物性オイルベースのベビーオイルが販売されています。植物性オイルとしてアボカド油やオリーブ油など、天然の保湿成分であるスクワランが配合されています。無香料・無着色、肌への刺激が少ない成分で作られているので、全身に安心して使うことができます。

 

また植物性オイルの他にも、ミネラルオイルをベースとしたベビーオイルも販売されています。主成分がミネラルオイルで、オリーブ油やホホバ油などの植物性オイルも配合されています。パラベンフリー・ノンアルコールで作られているのもポイントです。

 

ダイソー以外の100円ショップでも、それぞれ違った種類のベビーオイルが販売されています。植物性オイルまたはミネラルオイルが主成分のものから、両方を混合したものまで様々なので、用途や肌質に合わせて選んでみてください。

 

ベビーオイルの成分とその効果を紹介!ジョンソン、ダイソー、ピジョンなど

 

スポンサーリンク

 

ベビーオイルの使い方

 

 

100均のベビーオイルをヘアオイルの代わりに洗髪後の毛先に付けて乾かすと、サラサラな仕上がりになります。またドライヤーやヘアアイロンの前にベビーオイルを付けることで、熱や摩擦から髪を守ってくれます。

 

他にもスタイリング剤として髪になじませると、つや感のあるウェットヘアに仕上げることができます。またパーマをかけた髪のセットに使用することで、ヘアアレンジに役立ちます。

 

ベビーオイルで髪をケア!ヘアケアへの使い方やパックの効果などを紹介

 

ベビーオイルで髪をセット!ウェットヘアのやり方やつけすぎの対処方法を紹介

 

洗顔をして化粧水を含ませた後にベビーオイルを塗ることで保湿効果が高まります。ベビーオイルが皮脂のように油の膜を張ってくれるので、肌の水分の蒸発を防いでくれるからです。

 

また、オイルパックやフェイスマッサージのオイルとしての使い方もオススメです。

 

ベビーオイルの顔への効果的な使い方を紹介!保湿やマッサージ、パックなど

 

マッサージ

ベビーオイルは伸びが良く肌に浸透しないので、マッサージオイルとして使うのにピッタリです。また肌に優しい成分で作られているので、頭皮や顔、脚にも利用できます。

 

また脚の疲れやむくみを取りたいときは、足の裏からふくらはぎ、太ももにかけてベビーオイルを塗ってマッサージを行い、リンパを流していきましょう。

 

ベビーオイルでマッサージ!顔や足(脚)などに効果的な使い方を紹介

 

毛穴ケア

ベビーオイルで毛穴の皮脂をクレンジングすることができます。

 

綿棒にたっぷりとベビーオイルを含ませてから、毛穴の気になる箇所をクルクルと優しく刺激していきます。

 

ベビーオイルの油分が、毛穴の中の皮脂を引き寄せてくれると同時に皮膚を柔らかくしてくれるので、毛穴の汚れが取りやすくなります。

 

ベビーオイルでクレンジング!毛穴ケアのやり方を覚えて角栓の目立たない美肌に

 

メイク落とし

クレンジング剤の代わりとして、メイク落としにベビーオイルを使う人も多いです。クレンジングオイルよりも刺激が少ないので、肌への負担を減らすことができます。それでいて、しっかりとポイントメイクまで落としてくれ、洗い上がりの肌も柔らかくしっとりとします。最後にオイルを洗い流すので、100均のベビーオイルを直接、肌に付けるのに抵抗がある人でも取り入れやすい使い方です。

 

洗顔

洗顔料にベビーオイルを一滴加えてから、洗顔するというテクニックがあります。

 

ベビーオイルを加えることで泡のきめが細かくなる上に、保湿効果で洗顔後の肌がもっちりとします。

 

一度に使用するのは一滴だけなので、100均のベビーオイルの内容量でも十分です。ご購入された際には、ぜひ試してみてください。

 

ベビーオイルを洗顔料に混ぜると効果的!詳しい使い方などを紹介

 

保湿

お風呂上がりの水気が残っている肌に、ベビーオイルを薄く伸ばして塗ります。ベビーオイルの油膜が水分を閉じ込めてくれるので、肌のうるおいを保つことができます。

 

お手頃価格なので、腕や脚など面積の広い場所に思いっきり使うことができますよね。

 

お風呂上がり以外のタイミングで使うときは、化粧水などで肌に補水をしてからベビーオイルを塗りましょう。

 

ベビーオイルの保湿力で顔や体をケア!赤ちゃん・大人への効果的な使い方を紹介

 

除毛

除毛後の肌は皮膚表面が削り取られ、とても敏感になっています。そこで除毛後にベビーオイルを塗ると、乾燥から肌を守ってくれるので、ざらつきや肌荒れを防ぐことができます。

 

また、除毛時のシェービングクリームの代わりに、ベビーオイルを使うという方法もあります。ベビーオイルは肌表面を滑らかに整えてくれるので、つるつると滑りがよくなりシェービングがやりやすくなります。

 

桃の木櫛

100均で売っている桃の木櫛とベビーオイルを使って、本つげ櫛のような品が作れることを知っていますか?つげ櫛は、抜け毛や切れ毛を防ぐ髪に優しい櫛で高級品となっています。

 

本来ならばつげ櫛と椿油でお手入れするヘアケアを、100均の木櫛とベビーオイルで代用してみましょう。ビニール袋などの中で木櫛をベビーオイルに浸したまま数日から一週間置き、陰干しして乾かせば出来上がりです。

 

木櫛にベビーオイルが染みこんでいるので、髪をとかすと艶が出てしっとりとした仕上がりになります。

 

定期的に木櫛をオイルに浸すことで、サラ艶効果を持続させることができます。

 

スポンサーリンク

 

ベビーオイルの売り場・コーナーはどこ?

 

 

ベビーオイルは、化粧品やボディケアなどが並んでいる美容コーナーに置いてあることが多いです。100均の化粧水や乳液、コットンなどと並んで陳列されています。

 

他にも、ベビー・育児コーナーに置いてあることもあります。

 

百均のベビーオイルの口コミ

 

 

■100円で買えると信じがたいくらい質が良く、使い回しがきくオイルです。髪に付けても良し、フットマッサージやネイルケアとしても良し、メイク落としにも良しと、優しい成分なのでいろんなところに使っています。

 

■お風呂上がりに全身に塗りたくっても勿体なくないし、ボディマッサージにもたっぷりと使っています。

 

■小さなサイズなので、旅行に携帯してクレンジングや保湿に使っても便利です。

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ