ベビーオイルは赤ちゃんのデリケートなお肌を守るのに欠かせません。

 

その一方で、どのような効果があり、どのような使い方をするのが良いのか知っておかなければ、赤ちゃんにとってよくないこともあります。

 

本記事では、ベビーオイルの効果と安全性顔や頭、体全体への正しい使い方について紹介しています。

 

ベビーオイルは赤ちゃんに優しい?

 

 

保湿に必要なベビーオイル

赤ちゃんのぷるぷる肌を守るには、保湿が欠かせません。これは、赤ちゃんの肌の角質層がとても薄いため、刺激を受けやすく、水分が蒸発しやすい状態だからです。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは胎脂という油の膜に包まれて守られていますが、成長するにつれて胎脂が取れていき、生後3ヶ月頃にはとても乾燥しやすい肌になるのです。

 

3ヶ月以降は皮脂の分泌が減り、肌の水分量も減ってくるので、保湿してあげることが大切になります。

 

ベビーオイルには肌表面に蓋をして、肌内部の水分の蒸発を防ぐ性質があるので、赤ちゃんの肌の保湿にピッタリです。

 

ベビーオイルで赤ちゃんの肌を保護して、赤ちゃんのうるおいに満ちたぷるぷる肌を守ってあげましょう。

 

ベビーオイルの保湿力で顔や体をケア!赤ちゃん・大人への効果的な使い方を紹介

 

赤ちゃんの湿疹をケア

乳児湿疹のケアにも、ベビーオイルを使用できます。

 

乳児湿疹は主に、新生児の頃にできる脂漏性湿疹と、3ヶ月頃からできる乾燥性湿疹とに分けられます。

 

赤ちゃんの肌は、生後3ヶ月頃を区切りに、オイリー肌からカサカサ肌へと変化します。特に、秋冬産まれの赤ちゃんは、冬の乾燥する時期にカサカサ肌へと移行するので、乾燥性湿疹にならないよう注意が必要です。

 

乾燥性湿疹をケアするには、とにかく保湿をすることがポイントです。ベビーオイルで、赤ちゃんの薄い肌をコーティングして、しっかりと保護してあげましょう。

 

反対に、脂漏性湿疹は皮膚の皮脂量が多いことが原因となっています。ベビーオイルを付けることで湿疹が悪化することもあるため、様子をみながら付けていくようにしましょう。

 

なめて口にするのは大丈夫?

ベビーオイルを少量なめてしまったとしても、基本的には大丈夫です。赤ちゃんの体内に入っても害のないように、配慮して作られているからです。

 

多くのベビーオイルは、石油が原料のミネラルオイルとなっています。石油と聞くと不安になる方もいるかもしれませんが、精製を重ねて純度を高めており、化粧品にもよく含まれているオイルなので安心です。

 

「それでも心配…」という方は、植物性の原料から作られたベビーオイルを使ってみましょう。

 

ホホバオイルやオリーブオイルなど、植物の種子から絞り出した油で作られたベビーオイルも販売されています。

 

植物が原料ならば、少量が口に入ったとしても、それほど気にせずに使えますよね。

 

ベビーオイルの成分とその効果を紹介!ジョンソン、ダイソー、ピジョンなど

 

スポンサーリンク

 

ベビーオイルを使用する前に

 

 

いつから赤ちゃんに使えるようになるの?

産まれてすぐの新生児から、ベビーオイルを使っても大丈夫です。

 

ベビーオイルは肌への刺激が少ないので、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使えます。たとえば、産まれてすぐの赤ちゃんの、おへそや耳のケアに使うこともあります。

 

ただし新生児の頃は、まだ胎脂という脂で覆われており、皮脂分泌もさかんな時期ですので、少量を使う程度でいいでしょう。

 

必要以上に塗りすぎると、新生児ニキビなどの肌トラブルにつながる原因にもなりかねません。

 

3ヶ月が過ぎて乾燥しやすい肌質が変わってくる頃から、しっかりとベビーオイルを塗って保湿し、体を潤してあげましょう。

 

パッチテストを行う

はじめてベビーオイルを使う前には、必ずパッチテストをしましょう。

 

①赤ちゃんの太ももや二の腕など皮膚の柔らかい部分に、少量のベビーオイルを10円サイズほどに伸ばして塗ります。

 

②2~3時間放置した後、肌に異常がないかどうかを確認します。

肌が赤くなっていたり、できものがある場合には、使用するのをやめましょう。

 

③1日後に再度様子も観察します。

手足が大丈夫な場合には、顔などの敏感な場所もパッチテストで様子をみましょう。はじめから全身に塗るのではなく、少しずつ様子をみながら、塗る箇所を増やしていくのがいいでしょう。

 

数日経っても問題がなければ、パッチテストに使用したベビーオイルを使って大丈夫です。

 

ベビーオイルの使い方

 

 

基本的な使い方

お風呂上がりの保湿ケアに使用するのが一般的です。

 

沐浴やお風呂から上がった赤ちゃんの肌からは、急速に水分が失われて乾燥していきます。ですので、お風呂上がりの5分以内にベビーオイルを塗って、保湿してあげるのがいいでしょう。

 

①お風呂あがりの赤ちゃんの体に残った水分を、バスタオルで包み込むように優しく拭き取ります。

 

②ベビーオイルを手のひらで温めてから、赤ちゃんの体の上を滑らすように塗っていきます。ベビーオイルは肌伸びがいいので、力を入れる必要はありません。

 

③ゆっくりと手のひら全体で撫でながら、手先やつま先までオイルを伸ばしてあげましょう。最初にお腹全体を塗り、腕から手の指、太ももからつま先というように、体の先端に向けて手を滑らせます。

 

すべりが悪くなるたびにオイルを少量ずつ足しながら、体全体に塗っていきます。塗った後の手触りは、さらりとした程度で充分です。多く塗りすぎないように注意しましょう。

 

ママの手で撫でられることで、赤ちゃんも気持ちよく感じることができ、スキンシップの時間にもなりますよ。

 

顔への使い方

赤ちゃんの顔に塗るときは、目や口に入らないように注意してベビーオイルを塗っていきます。

 

①手のひらでベビーオイルを温めてから、頬やおでこを包み込むようにして、オイルをなでるようにつけていきます。力を入れずに、ごく少量のオイルを薄くやさしく伸ばしていきましょう。

 

②口の周りやあご、首にもオイルを塗っていきます。耳たぶや耳の後ろにも、忘れずに塗りましょう。

 

赤ちゃんが動き回らないよう、しっかりと目を見つめながら塗ってあげると、塗りやすくなる上にスキンシップにもなります。

 

ベビーオイルの顔への効果的な使い方を紹介!保湿やマッサージ、パックなど

 

頭皮への使い方

ベビーオイルを塗ってから頭皮を洗うと、脂漏性湿疹のかさぶたを落とすのに役立ちます。

 

3ヶ月までに生じることがある脂漏性湿疹では、黄色いかさぶたが頭皮や眉毛、おでこ周りを覆ってしまうことがあります。

 

拭いても洗っても、なかなか取ることができないこのかさぶたを、ベビーオイルで取りやすくできるのです。

 

①赤ちゃんをお風呂に入れる前に、かさぶたにベビーオイルを塗ります。かさぶたをオイルでふやかすことで取りやすくなるため、入浴の15分くらい前に塗っておくのがいいでしょう。

 

②ベビーオイルが浸透してきたら、お風呂で洗い流します。

 

最初にベビーオイルと汚れを、指の腹でやさしくこすりながら洗髪します。その後シャンプーをつけ、もう一度指の腹を転がして、しっかりと洗髪しましょう。

 

決してかさぶたを無理に剥がさないでください。

 

1回ではきれいになりませんが、毎日続けていくうちに少しずつかさぶたが取れていきます。

 

ベビーオイルの頭皮クレンジングへの使い方!マッサージでフケや臭いを予防

 

便秘を解消する綿棒浣腸のやり方

便秘しがちな赤ちゃんには、ベビーオイルを使った綿棒浣腸がオススメです。

 

何日もうんちが出ずにお腹が張って機嫌がわるい赤ちゃんを前にして、困ってしまうママもいることでしょう。

 

そんなときは、綿棒浣腸でスルンとうんちを出してあげましょう。

 

①大人用の先が丸い綿棒を用意し、綿棒の先を指でほぐします。

 

②綿棒の先に、あふれるぐらいたっぷりのベビーオイルを染みこませます。

 

③赤ちゃんを寝かせた状態で、肛門周りにも少量のベビーオイルを塗ります。

 

④綿棒の先を1~2㎝ほど、そっと静かに肛門に差し入れます。

 

数秒様子をみてから、ゆっくりと円を描くように綿棒を回し、肛門内を刺激してみます。綿棒をそっと、出し入れしてみても刺激になります。

 

綿棒浣腸をしている途中にもよおしてしまい、うんちが飛び出てくることも多いです。お尻の下には、あらかじめ新聞紙などを敷いておくのがいいでしょう。

 

うんちが出てこない場合でも、1分程度で終わらせて様子を見守るようにしましょう。

 

ベビーオイルの使い方を紹介!赤ちゃんから大人にまでオススメの使い道・活用法

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんにおすすめのベビーオイル

ピジョン

ピジョン ベビークリアオイル (0ヵ月~) 80ml

 

このベビーオイルは植物性オイルが主成分となっています。

 

特徴は、保湿成分として胎脂(新生児の皮膚を覆っている白いロウのようなもの)が含まれていることにあります。

 

赤ちゃんのお肌に優しい設計になっているので、ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ