様々なベビーパウダーを紹介 (ジョンソン・資生堂・ピジョン・ニベア・100均・和光堂)

スポンサーリンク

 

本記事では、様々なベビーパウダーを紹介しています

 

ジョンソン

ジョンソン ベビーパウダーシェーカータイプ 100g

 

ジョンソンエンドジョンソンのベビーパウダーの原料は、良質タルクと安全基準を満たした香料だけというシンプルな作りです。

 

アレルギーなどの刺激性テストを行って低刺激であることを確認しているので、顔や体に使用する際には肌への負担が少ないでしょう。

 

濃いめの甘い匂いがとても心地いいです。

 

また、値段が安いので毎日の全身使いにピッタリです。

 

パフは付いていませが、手のひらにサッと出して使えるので便利です。

 

 

ベビーパウダーで汗・あせも対策!使い方や汗腺に詰まるリスクなどを紹介

 

スポンサーリンク

資生堂

ベビー 資生堂ベビーパウダー(プレスド) 50g 【医薬部外品】

 

資生堂のベビーパウダーは固形タイプで、パウダーが飛び散りにくくなっています。また、粉が容器からもれにくいので携帯しやすいのも特徴です。

 

パフもセットになっているので、外出先での化粧直しに便利です。

 

ベースメイクに使うときは、リキッドファンデーションなどを塗った後にベビーパウダーをブラシで軽くのせてください。

 

また、髪の生え際や首筋など汗をかきやすい場所に付けると肌をさらっと保ってくれるので、化粧持ちが良くなります。

 

タルクを主原料としたパウダーは、粒子が細かくてサラサラとした使い心地です。

 

有効成分として水分を吸い取ってくれる酸化亜鉛が配合されているので、あせもを予防にも役立つでしょう。

 

バニラのような甘い香りがするので、大人っぽさを感じさせてくれるベビーパウダーです。

 

 

ベビーパウダーで化粧(メイク)が崩れにくくなる!おすすめの使い方を紹介

 

ピジョン

ピジョン 薬用固形パウダー 45g

 

ピジョンのベビーパウダーは、スタンダードなものに加えて、薬用ベビーパウダー、固形ベビーパウダーの3種類があります。

 

薬用ベビーパウダーには、スクワランやホホバオイルなどの保湿成分が含まれています。

 

特に、パフ付きタイプは容器がコロンとした形状でかわいらしく、パフの毛足も適度で使いやすいです。

 

少しパール感のあるパウダーなので、顔のハイライトにさっと撫で付けるとシャープな雰囲気に仕上がるでしょう。

 

また、固形ベビーパウダーはあせもやただれを防ぐ薬用タイプとなっています。

 

固形タイプは鞄に入れて携帯しやすいので、スポーツなど、汗をかくシーンでも重宝します。

 

 

ベビーパウダーの効果的な使い方を紹介!

 

 

100均

 

ダイソーなどの100円ショップでもベビーパウダーが販売されています(店舗によっては取り扱いのない場合もあります)。

 

タルクやコーンスターチを原料としており、他メーカー品に比べると粒子の粗いことがあります。

 

他メーカー品でも数百円から買うことができるので特別にお得感はないですが、携帯用としてボディ用に使うのもいいでしょう。

 

またベビーパウダーを持ち運びたいときは、ダイソーなどで売っているパウダー用ケースに詰め替えるのがいいでしょう。

 

手のひらに乗るくらいに小さいサイズなので、携帯してもかさばらずパフも付いているので便利です。外出先で、化粧崩れや発汗が気になったときに、さっと取りだして使うことができるでしょう。

 

ただし鞄の中などで揺られると、中栓の穴からパウダーが飛び出しパフが粉まみれになってしまうので注意してください。

 

パフと中栓の間にラップなどで仕切りをすると、粉が飛び出るのを抑えることができます。

 

ベビーパウダーで顔の汗対策!

 

スポンサーリンク

 

シッカロール(和光堂)

シッカロールナチュラル 120g

 

シッカロールは数種類に分かれており、それぞれ内容成分に違いがあるので、効能や用途に合わせて使いこなしましょう。

 

まず、スタンダードなシッカロールハイには、缶タイプと紙容器タイプがあります。

 

紙容器タイプの開け方のコツは、中フタを外してしまわないことです。先の鋭いもので刺して細かい穴を開けると、程良くパウダーを出すことができます。

 

パフは付いていませんが内容量の多いことが特徴です。

 

あせもの予防に使うときにはシッカロールキュアがおすすめです。収れん作用のある酸化亜鉛などの有効成分と、ももの葉エキスから成るうるおい成分が配合されており、スキンケアを意識した作りとなっています。

 

シッカロールナチュラルは緑茶エキスやスクワランなどのうるおい成分が配合されている、タルクを使わない植物生まれのベビーパウダーです。

 

トウモロコシから作られるコーンスターチでできているので、顔などの敏感な場所にも安心して使うことができます。

 

ミルクティーのような甘い匂いが好評です。上半身や顔まわりに付けて、香りを楽しむ使い方をするのもいいでしょう。

 

 

ベビーパウダーを香水代わりにしたい!似た香りのするブルガリなどの香水を紹介

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。