肌に優しいベビーオイルは、クレンジングにも活躍します!

 

本記事では

 

  • ベビーオイルをクレンジングに使用するメリット・デメリット
  • 毛穴の角栓の落とし方
  • 頬や足の毛穴ケア

 

について説明しています。

 

ベビーオイルでクレンジングするメリット

 

 

ベビーオイルを使うメリットといえば、ずばり安全・安価であるということです。

 

市販のクレンジング剤の中には洗浄力の強いものがあり、必要以上に肌の水分や皮脂が奪われる原因にもなりかねません。

 

その点ベビーオイルは低刺激で保湿性も抜群なので、肌に優しくクレンジングを行えます。加えて、コスパが良いのも嬉しいポイントです。

 

ベビーオイルでクレンジングするデメリット

 

 

肌荒れやニキビの心配は?

ベビーオイルが直接、肌荒れやニキビを引き起こす可能性は低いです。ただし、肌に炎症がある人や脂性肌の人、ニキビができやすい人は、少量ずつ様子を見ながら使用しましょう。

 

ベビーオイルには、肌にとどまりやすい性質があります。ですので、クレンジング後にはしっかりと洗顔して、オイルを落とすようにしましょう。

 

ベビーオイルは水だけでは落ちにくいため、ベタつき感が残りがちです。そういう場合には、蒸しタオルで丁寧に拭き取ったり、ぬるま湯を使って洗顔することをオススメします。

 

ベビーオイルでニキビが悪化?ニキビとの関係性や洗顔時の効果的な使い方を紹介

 

毛穴の黒ずみ・角栓の落とし方

 

 

イチゴ鼻を綿棒とベビーオイルできれいにする方法

先が丸いタイプの綿棒にたっぷりとベビーオイルを含ませてから、優しく小鼻をマッサージします。あまり力を入れずに、くるくると回しながら滑らすように動かしましょう。

 

ベビーオイルが、皮脂汚れや角質が固まってできた角栓を浮かせて取り除いてくれます。摩擦で肌が傷つかないよう優しくなでるように行い、やりすぎや力の入れすぎに注意しましょう。

 

「毛穴の汚れが落ちない…」「角栓がとれない…」というときは

なかなか角栓が取れないときは、先に毛穴を開かせてから綿棒マッサージを行います。毛穴が開くことで、角栓やその周りの皮膚が柔らかくなり、汚れを除去しやすくなります。

 

■タオルで鼻を蒸らす方法

熱めのお湯で絞ったタオルを数分間鼻にのせることで、小鼻の毛穴が開きます。

 

■サランラップで鼻をパックする方法

鼻にサランラップを張ってから浴槽につかり、発汗作用と密封効果によって毛穴を開かせます。

 

充分に毛穴が開いた後に綿棒マッサージを行うと、面白いほどスルスル角栓が浮き出てきます。

 

効果を得るには毎日やることが大切

ベビーオイルでの小鼻クレンジングは、一回だけでは劇的な効果が期待できません。

 

肌に負担がない程度に、毎日行うくらいの頻度が理想的です。

 

スポンサーリンク

 

頬の毛穴ケア

 

 

洗顔前にベビーオイルでマッサージすると、頬の毛穴ケアに効果的です。ベビーオイルが毛穴の汚れ落としをサポートして、スッキリと潤いのあるお肌に近づきます。

 

①洗顔前の肌にベビーオイルを少量塗り、数分置いてからマッサージを行います。クルクルと円を描くように動かしながら、汚れを掻き出すイメージで優しく行いましょう。

 

②マッサージが終わったら、洗顔をしてオイルを落とします。

 

ベビーオイルでマッサージ!顔や足(脚)などに効果的な使い方を紹介

 

足の毛穴ケア

 

 

カミソリで毛を剃った後の肌荒れと毛穴の開きが気になる足にも、ベビーオイルがオススメです。

 

毛穴の引き締め効果がある化粧水を付けてからベビーオイルを塗ります。ベビーオイルの保湿効果で肌と毛穴をしっかりと保護してあげましょう。

 

また、ムダ毛処理前の足にベビーオイルを塗ると、カミソリによるダメージを押さえることができます。

 

シェービング前の足にオイルを塗り、必要に応じてシェービングクリームを付けてからムダ毛処理を行います。ベビーオイルが肌のすべりを滑らかにするので、カミソリによる肌へのダメージを減らすことができます。

 

スポンサーリンク

 

メイククレンジングのポイント

 

 

乳化させる

ベビーオイルでメイククレンジングを行うときは、しっかりと乳化させることが大切です。乳化とは、オイルに少量の水を加えることでオイルと水が混じり合い、白く濁る現象のことです。

 

洗い流す前に乳化をさせておくことでオイルが水となじみやすくなり、すすぎが楽になります。一方で、乳化せずにいきなり洗い流すと、オイルや汚れが肌に残ってしまったり、力を入れすぎて肌に強い刺激を与えてしまうリスクがあります。

 

ベビーオイルをメイク落としに使う方法を紹介!ジョンソンが使いやすい?

 

しっかりと洗顔して肌荒れを防ぐ

クレンジングも大切ですが、クレンジング後の洗顔も肌荒れを防ぐのに重要になります。

 

特にすすぎをしっかりと行いましょう。汚れの落ちやすいぬるま湯で行うのがポイントです。

 

すすぎ残しが肌荒れの原因となることがあるので、最後まで油断せずに行いましょう。

 

ベビーオイルを洗顔料に混ぜると効果的!詳しい使い方などを紹介

 

 

クレンジングにオススメのベビーオイル

ジョンソンのベビーオイル

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

 

クレンジングに使用するベビーオイルは、ジョンソンのベビーオイルがオススメです。

 

このベビーオイルは低刺激性のミネラルオイルが主成分であるため、お肌に優しいのが特徴です。

 

またコスパが良いことや、クレンジング以外の用途にも使いやすいのがポイントです。

 

 

おすすめの人気ベビーオイルを紹介(値段や口コミも)!髪のセットや美容にいいのは…

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ