ベビーオイルは、髪のケアもできる便利なオイルです。

 

ただし万能ではないので、髪のお手入れに使用する場合には、どのような特徴があるのかしっかりと知っておくことが大切です。

 

本記事では、

 

  • ベビーオイルのパック・トリートメント効果
  • 髪をケアするのに効果的な使い方

 

について説明しています。

 

髪の毛への効果

 

 

トリートメント効果

鉱物系(ミネラル)オイルが主成分のベビーオイルは、トリートメント効果が低いです。

 

オイルトリートメントの目的は、良い成分を髪の内側まで浸透させることや、髪の表面を保護して外からの刺激に強くすることにあります。

 

ミネラルオイルは髪の毛の内部には侵入しません。そのため、表面を保護することはできても、髪に良い成分や不足している油分の補給はできません。

 

髪への栄養補給を行いたい場合には、植物系オイルのベビーオイルや潤い成分の配合されたベビーオイルを選びましょう。

 

パック効果

ミネラルオイルが主成分のベビーオイルでパックすることで、良い状態の髪の毛を維持する効果が期待できます。

 

キューティクルの補修はできないのですが、表面をコーティングすることによって、トリートメント後の健康な状態を保つことができるのです。

 

一方で、植物系オイルや潤い成分の配合されたベビーオイルであれば、その成分に応じた効果が期待できます。

 

髪の毛にいい?髪がサラサラに!

鉱物系オイルのベビーオイルを髪に馴染ませることで、髪の毛の見た目がさらさらになります。ただし、髪の毛が健康になるということではないので、見た目だけの効果になります。

 

ベビーオイルの頭皮クレンジングへの使い方!マッサージでフケや臭いを予防

 

髪の毛によくない?髪が傷む原因になるのか

ベビーオイルが髪に悪影響を及ぼす可能性は低いです。ただし、髪に付いたベビーオイルを落とすためにシャンプーをしすぎてしまうと、パサパサになる原因になります。

 

髪の日焼けとの関係性

ベビーオイルが原因で髪の日焼けが悪化する可能性は低いです。

 

なぜかというと、ベビーオイルの主成分であるミネラルオイルは化学的に安定なため、紫外線の影響で日焼けを酷くするということが考えにくいからです。

 

スポンサーリンク

 

髪をケアする使い方

 

 

ベビーオイルを使うタイミング

ベビーオイルを使うときのタイミングは、髪を濡らした後になります。これは、ベビーオイルを使用する主な目的が、水分を閉じ込めて保湿するためだからです。

 

シャンプーにプラスする

シャンプーするときに、ベビーオイルを数滴混ぜます。そうすることで、シャンプー後のパサつきを抑えることができます。

 

ドライヤーを使用する前に

ベビーオイルを馴染ませてからドライヤーをすると、髪の水分を閉じ込めながら乾かすことができるため、しっとりサラサラした髪に仕上がります。

 

ヘアアイロンを使う前に

ヘアアイロンを使用する前に、髪にベビーオイルを馴染ませておくことで、髪を保湿しながら物理的なダメージからも保護できます。

 

 

ヘアオイルの代用として使う!

 

 

ベビーオイルの便利な使い方としてオススメなのが、ヘアオイルの代用として使うことです。無添加・低刺激のベビーオイルは、髪に使用するのも安心です。

 

ヘアオイルほどの美髪成分はありませんが、オイル成分としての効果は充分です。

 

ヘアオイルが大量に必要なウェットヘアでも、お手頃価格のベビーオイルは使いやすいです。ベビーオイルで素敵なヘアアレンジを楽しみましょう!

 

ベビーオイルで髪をセット!ウェットヘアのやり方と塗りすぎの対処方法

 

ヘアケアにおすすめのベビーオイルランキング

 

馬油 ベビーオイル/TKコーポレーション

馬油 ベビーオイル 300ml

 

ヘアケアにオススメなのが、ミネラルオイルと馬油のベビーオイルです。

 

ミネラルオイルに加えて保湿成分や潤い成分が配合されているので、通常のベビーオイルよりも髪の毛のケアに効果的です。

 

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ