ベビーオイルは、マッサージオイルの代用としても使用することができます。

 

本記事では、

 

  • マッサージオイルとベビーオイルの違い
  • 頭皮や顔、胸、脚のマッサージ方法

 

について説明しています。

 

マッサージオイルとの効果の違い

 

 

マッサージオイルは、精油(植物由来の香りのある揮発性の油)と植物性のオイルからできています。精油の香りや肌へ浸透する植物性オイルは、リラックス効果や安眠効果、美容効果などが期待できます。

 

一方でベビーオイルの多くは、鉱物性の油(ミネラルオイル)と酢酸トコフェロールが含まれています。鉱物油は肌への浸透性がありませんが、肌の表面を保護することによる保湿効果やクレンジング効果が期待できます。また酢酸トコフェロールによる、肌が酸化されるのを防ぐ抗酸化作用や血流を促進する効果も期待できます。

 

※ベビーオイルの中にも、植物性のオイルが主成分となっているものもあります。ミネラルオイルのベビーオイルよりもお値段は高いですが、普通のマッサージオイルとほぼ同じような使い心地になります。

 

ベビーオイルはマッサージオイルと効果が異なりますが、伸びがやすく、指の滑りを良くするという点では同じような働きがあります。マッサージオイルがないという場合には、ぜひ代用してみてください。

 

ベビーオイルの成分とその効果を紹介!ジョンソン、ダイソー、ピジョンなど

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんから大人まで!体の部分ごとのマッサージ方法

 

 

頭皮マッサージのやり方

ベビーオイルを使って頭皮マッサージを行うと、クレンジング効果が期待できます。ベビーオイルが、頭皮にこびりついた皮脂や汚れを浮かせてくれるからです。

 

方法は、ベビーオイルを頭皮に馴染ませ、指の腹で円を描くようにマッサージするだけです。爪を立てないように注意しつつ、強めに行うと気持ちいいです。

 

ベビーオイルの頭皮クレンジングへの使い方!マッサージでフケや臭いを予防

 

顔のマッサージ方法

ベビーオイルは低刺激であるため、フェイスマッサージにも安心して使えます。

 

①ベビーオイルを顔に塗り、軽くなでるようにマッサージします。ベビーオイルの量が少ないと、摩擦によって肌への刺激が強くなってしまうので注意しましょう。

 

②指を使って、あごのラインから耳の下まで引き上げるようにして流します。

 

③口周りと鼻を、指の腹でくるくるとマッサージします。

 

③頬とおでこは、下から上に引き上げるように伸ばしていきます。

 

④目の周りは皮膚が非常に薄いので、丁寧に優しくマッサージします。指の腹を使って、目の周りをなぞるように5周します。

 

⑤最後に、おでこからこめかみを通って鎖骨まで流すようにマッサージすると、リンパの流れを良くするのに効果的です。

 

顔のマッサージは、メイククレンジングの際に一緒に行うのがオススメです。マッサージ・クレンジング後に、洗顔を行うと効率的になります。

 

ベビーオイルの顔への効果的な使い方を紹介!保湿やマッサージ、パックなど

 

角栓をキレイにする使い方も

ベビーオイルを使うことで、角栓の汚れも落としていくことができます。

 

毛穴の黒ずみが気になる場合には、顔のマッサージと一緒に毛穴汚れのクレンジングを行ってみてはいかがでしょうか。

 

ベビーオイルでクレンジング!毛穴ケアのやり方を覚えて角栓の目立たない美肌に

 

胸のマッサージ方法

ベビーオイルは肌への伸びがいいため、バストへ少ない負担でマッサージを行うことができます。

 

①胸全体にベビーオイルを塗ります。

 

②右胸は左手を、左胸は右手を使って、胸の上を円を描くように指の腹でマッサージします。

 

③両手を使って片方の胸ごとに、外側から内側へとバストを寄せるように優しくマッサージを行います。

 

足(脚)のマッサージ方法

①ベビーオイルを足に塗り、足裏のツボを刺激するようにゴリゴリと指圧します。かかとやくるぶし、足の甲も同じようにマッサージしていきます。

 

②脚全体にたっぷりとオイルを塗り、つま先からそけい部(脚の付け根)へと流すようにマッサージしましょう。足裏やふくらはぎにはむくみを取るのに効果的なツボがあるので、少し強めに指圧していくと効果的です。

 

リンパマッサージのポイント

リンパマッサージでは、体にあるリンパ節(主に鎖骨、そけい部)をほぐし、リンパ節に向かってリンパ液を流していきます。

 

はじめに、鎖骨やそけい部を、押すようにほぐしてあげましょう。そして、コリや疲れの気になる部分にたっぷりとベビーオイルをのせてから、体の先端からリンパ節の方向へと流すようにマッサージします。

 

会陰マッサージのやり方

会陰マッサージは、妊娠後期(34週以降)の体調のいい日に行いましょう。

 

清潔な指にベビーオイルをつけるか、コットンにベビーオイルを含ませて、会陰をくるくると優しく撫でていきます。赤ちゃんがスムーズに産まれてくることをイメージして、リラックスしながらマッサージを行いましょう。

 

デリケートな部分に使用するで、最初にパッチテストをするといいでしょう。ベビーオイルを目立たない部分に10円玉くらいのサイズで塗り、数時間~2日後に問題が無ければ、パッチテストに使用したベビーオイルを使って大丈夫です。

 

赤ちゃんのマッサージ

沐浴や入浴後の赤ちゃんに、保湿やスキンシップも兼ねてマッサージするのがオススメです。ベビーオイルを塗り、なでるようにマッサージしてあげましょう。

 

ベビーオイルでマッサージ!顔や足(脚)などに効果的な使い方を紹介

 

マッサージ後の拭き取り方

ベビーオイルは付け心地がよく、塗った後の質感もさらりとしています。マッサージ後、特に気にならない場合は、拭き取る必要はありません。肌に残ったオイルが、お肌の表面を保護してくれるでしょう。

 

ベタつきや肌トラブルが気になる場合は、ぬるま湯で洗い流すことをオススメします。お湯を絞ったタオルや蒸しタオルで、優しく包み込むように拭き取るのもよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

マッサージにおすすめのベビーオイル

ジョンソンエンドジョンソン

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

 

クセが無く使いやすいオイルがいいという方にはジョンソンのベビーオイルがオススメです。

 

成分は低刺激性のミネラルオイルと酢酸トコフェロールの2つだけで、お肌に優しいオイルとなっています。

 

ジョンソンエンドジョンソン ベビーオイルの成分や使い方を紹介!

 

 

ヴェレダ カレンドラ ベビーオイル

ヴェレダ カレンドラベビーオイル 200ml

 

ヴェレダ カレンドラのベビーオイルは、植物性オイルが主成分となっています。

 

敏感肌に優しいゴマ油、アーモンド油が使われているのが特徴です。加えて、トウキンセンカ花エキスやカミツレ花エキス、香料が含まれているので、心地よい香りも感じることができます。

 

ミネラルオイルに抵抗のある方や、本当のマッサージオイルと同じような使用感を期待している方にオススメです。

 

 

おすすめの人気ベビーオイルを紹介(値段や口コミも)!髪のセットや美容にいいのは…

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ