ベビーオイルには様々な使い方があるのを知っていますか?

 

本記事では、ベビーオイルの赤ちゃんから大人への幅広い使い方を紹介しています。

 

赤ちゃん・新生児への使い方

 

 

新生児や赤ちゃんのケアにベビーオイルは大活躍です。

 

新生児には、保湿のよりも汚れを拭き取る際に使用することが多いです。綿棒にたっぷりとベビーオイルを含ませて耳やおへそ周りを掃除したり、綿棒浣腸を行うのがいいでしょう。

 

また、頭皮やおでこにできやすい脂漏性湿疹のかさぶたをベビーオイルでふやかすと取りやすくなります。

 

三ヶ月を過ぎた頃の赤ちゃんには、ベビーオイルを使って保湿ケアしましょう。お風呂上がりに水分を軽く拭き取った後すぐに、ベビーオイルを薄く伸ばして塗ります。

 

ベビーオイルが油の膜を張って、皮膚から水分が蒸発するのを防いでくれます。顔や体全体にベビーオイルをなじませて、赤ちゃんの肌を乾燥から守りましょう。

 

ベビーオイルで赤ちゃんの顔や体を保湿!おすすめの使い方を紹介

 

スポンサーリンク

 

大人の体の美容におすすめの活用法

 

 

髪のスタイリング

ヘアオイル代わりにベビーオイルを使って、ウェットヘアにセットしてみてはいかがでしょうか。

 

充分に濡らした髪に少しずつベビーオイルを付けていきながら、濡れ感を調整していきます。毛先だけに付けたり根本から付けたりなど、付ける量や場所を変えてみることでいろいろな質感のウェットヘアに仕上げることができます。

 

また、ヘアスタイルの持ちがいいので前髪のセットに使ったり、オイルの艶を出すためにワックスに混ぜて使うなど、幅広いアレンジに利用することができます。

 

ベビーオイルで髪をセット!ウェットヘアのやり方やつけすぎの対処方法を紹介

 

髪の毛のケア

髪を洗った後まだ湿っているうちに、ベビーオイルを付けていきます。ベビーオイルを手のひらに揉み込んでから、毛先を両手で挟み込むようにしてなじませていきましょう。

 

それからドライヤーやヘアアイロンをすると、ベビーオイルの油の膜が髪の毛を熱や摩擦から保護してくれます。

 

また髪が油でコーティングされることにより中の水分が閉じ込められるので、しっとりサラサラな髪に仕上がります。

 

ベビーオイルで髪をケア!ヘアケアへの使い方やパックの効果などを紹介

 

毛穴ケア

鼻などの毛穴の黒ずみが気になるときには、ベビーオイルを使った毛穴ケアがオススメです。

 

お風呂や蒸しタオルで毛穴を開き、ベビーオイルを含ませた綿棒でマッサージします。コロコロと綿棒の先を転がしながら刺激すると、毛穴から皮脂や角栓が浮き出てくるでしょう。

 

ベビーオイルの油分が毛穴の皮脂を引き寄せて、汚れが取れやすくなります。

 

ベビーオイルでクレンジング!毛穴ケアのやり方を覚えて角栓の目立たない美肌に

 

お風呂上りの全身の保湿

お風呂上がりの肌にベビーオイルを塗って、全身を保湿しましょう。

 

入浴後すぐの、水分がまだ残っている状態でベビーオイルを塗ります。肌の乾燥が気になるときは、化粧水で水分を補ってあげましょう。

 

肌が乾燥しているのは、皮膚のバリア機能が崩れ角質層からどんどん水分が逃げている状態です。そのため、ベビーオイルで保護膜を作り、水分が逃げていかないようにするのが効果的です。

 

ベビーオイルの保湿力で顔や体をケア!赤ちゃん・大人への効果的な使い方を紹介

 

ローションと併用する

ローションでお肌への水分補給を行った後にベビーオイルを塗ると、保湿効果が高まります。

 

ベビーオイルとローションは併用がおすすめ!赤ちゃんも大人も保湿する方法

 

顔のオイルパック

ベビーオイルで顔のパックをすると、毛穴の汚れが取れやすくなります。

 

多めのベビーオイルを、小鼻や頬など毛穴汚れが気になるところに付けます。オイルが毛穴によく浸透するように塗り込んだら、ラップで覆います。そのままお風呂で蒸らすとなお効果的です。

 

ベビーオイルの顔への効果的な使い方を紹介!保湿やマッサージ、パックなど

 

洗顔

洗顔料にベビーオイルを一滴加えてから、洗顔するというテクニックが話題です。

 

いつも使っている洗顔料にベビーオイルを一滴だけ加え、よく混ぜ合わせましょう。その後に水を加えて、よく泡立ててから使います。ベビーオイルを足すことで、泡立ちがよくきめ細やかな泡が作れるでしょう。

 

優しい肌触りで、毛穴の奥の汚れまで掻き出してくれます。また、ベビーオイルの保湿効果で洗い上がりの肌がしっとりとするでしょう。

 

ベビーオイルを洗顔料に混ぜると効果的!詳しい使い方などを紹介

 

メイク落とし

メイクのクレンジング剤の代わりに、ベビーオイルを使うことができます。

 

ベビーオイルを多めに取って、先に目元や唇になじませます。クルクルと円を描くように、オイルとメイクを念入りになじませましょう。

 

その後、顔全体も円を描くようにして、ファンデーションなどの汚れを掻き出していきます。仕上げには水を加えて、乳化させてから洗い流してください。

 

ベビーオイルをメイク落としに使う方法を紹介!ジョンソンが使いやすい?

 

ジェルネイルを取った後のケア

ジェルネイルを取った後は、水分が失われて爪や指先が傷みがちです。ジェルネイル後の乾燥した爪や指先を、ベビーオイルが保護してくれるでしょう。

 

手指を清潔にしてからベビーオイルを塗ります。まず、爪の生え際の甘皮部分にベビーオイルを染みこませるように付けていきます。

 

爪の横側のささくれができやすい部分にも、オイルをクルクルとなじませてください。

 

最後に、爪と指先全体にオイルを念入りになじませておきます。

 

除毛・シェービング後のケア

シェービング後はムダ毛とともに表皮が削り取られるため、肌がとても敏感な状態です。

 

ベビーオイルを塗ることで油の膜が皮膚を覆い、乾燥などから肌を守ってくれます。

 

また、シェービング後のブツブツと毛穴が浮き出たような状態の肌も、ベビーオイルが優しくケアしてくれます。

 

他にも、シェービングクリームの代わりに使うのもオススメです。除毛する箇所にベビーオイルを薄く伸ばすとつるつると滑りが良くなるので、シェービングがしやすくなります。

 

鼻の中や耳の掃除

鼻穴や耳掃除にもベビーオイルが使えます。

 

鼻や耳の中を掃除する場合には、綿棒に少量のベビーオイルをつけて優しくクルクルと回します。このとき奥まで綿棒を入れないように注意しましょう。

 

また耳の穴周りについては、コットンにベビーオイルを湿らせ、軽く拭き取るのがよいでしょう。

 

へそのケア

へそのゴマは垢の固まりなので、ベビーオイルでふやかすと面白いくらいに取りやすくなりますよ。

 

まず、へその穴にベビーオイルをたっぷり注ぎ込みます。もしくは、コットンなどにベビーオイルを染みこませてから、おへその穴に数時間貼っておきます。

 

ゴマがオイルでふやけて柔らかくなってきたら、綿棒で優しく拭ってみましょう。皮膚にこびりついた垢がオイルの力で剥がれ落ちるので、力を入れなくても簡単に取ることができます。

 

妊娠線のケア

妊娠中は肌が敏感になる人も多いので、低刺激で肌への負担の少ないベビーオイルは安心して使うことができます。

 

ベビーオイルは、肌表面を油膜で覆って保湿するのが主な役割です。ですが、妊娠線のケアには、表皮だけでなく皮膚の奥深くまで浸透させて保湿することが必要です。

 

また、一般の妊娠線ケア用のクリームには、保湿成分に加えて肌に栄養を与えたり、皮膚を柔らかくして伸びを良くする成分が含まれています。

 

ベビーオイル単体で妊娠線のケアを行うのではなく、専用クリームにプラスして保湿や保護を強化させる目的で使うのがいいでしょう。あるいは、ホホバ油やオリーブ油など植物性オイルで作られているものを使うと、肌内部へよい成分が浸透していくでしょう。

 

おすすめの人気ベビーオイルを紹介(値段や口コミも)!髪のセットや美容にいいのは…

 

スポンサーリンク

 

こんな使い道や用途も!

 

 

マッサージオイルの代用

ベビーオイルを、マッサージオイルの代わりとして使うのもいいでしょう。ベビーオイルは刺激が少ないので、体全体に安心して使うことができます。

 

ベビーオイルでマッサージ!顔や足(脚)などに効果的な使い方を紹介

 

 

バリカン用オイル(油)の代用

バリカン用オイルが切れたときに、身近にあるベビーオイルで代用できたら便利ですよね。

 

メーカーにもよりますが、バリカン用オイルとベビーオイルは成分が類似しています。ベビーオイルを挿すことで、潤滑油としての働きは果たしてくれるでしょう。

 

しかし、メーカーの正規品でないオイルを使うことで故障などの原因になることもあるので、使用は緊急の場合のみにするのがよいでしょう。

 

ハーバリウム

 

 

ハーバリウムとは、プリザーブドフラワーなどを専用オイルの中に浸して保管し、みずみずしいお花を楽しむための雑貨です。

 

ハーバリウムにはミネラルオイルが使われているので、ベビーオイルでも代用することができるでしょう。

 

まず、ガラス容器などを消毒してからベビーオイルをなみなみと注ぎます。その中に、プリザーブドフラワーやドライフラワーをつけ込み、容器を密封すれば完成です。

 

お部屋に彩りをプラスしたいときにオススメです。

 

粘土の型抜き剤

粘土の型抜き剤はオイルを主成分としているので、ベビーオイルで代用することができます。

 

ただし、型抜き剤のようにサラっとしていないので、あまり付けすぎると粘土にベタつきが残ります。

 

ベビーオイルで代用するときは、微量を伸ばして付ける程度で充分です。

 

使いやすいベビーオイル

ピジョン ベビークリアオイル

ピジョン ベビークリアオイル (0ヵ月~) 80ml

 

ピジョン ベビークリアオイルは主成分が植物性オイルで、セラミドが配合されています。また、赤ちゃんの胎脂に近い成分も含まれているので新生児から安心して使えます。

 

赤ちゃんの耳やおへその手入れから、体全体の保湿まで幅広く利用できます。

 

よく伸びて肌なじみが良く、付け心地がさらっと軽いのでベタつきが気になりません。

 

 

ジョンソンベビーオイル

 

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

 

ジョンソン ベビーオイルの主成分はミネラルオイルで、低刺激、無着色、無香料となっています。

 

赤ちゃんだけでなく大人にとっても使いやすいため、幅広い用途に活用できるでしょう。

 

また、赤ちゃんの誤飲に配慮して乳幼児が開けにくい安全キャップとなっているのも安心です。

 

ジョンソンエンドジョンソン ベビーオイルの成分や使い方を紹介!

 

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ