ワセリンと日焼け止めで紫外線対策 効果や塗り方、塗る順番などを紹介!

スポンサーリンク

 

ワセリンと日焼け止めを一緒に使うことで、より肌に優しく紫外線対策を行えるのを知っていますか?

 

本記事では、ワセリンと日焼けの関係や日焼け止めとの併用方法、日焼け後の保湿ケアを紹介しています。

 

ワセリンを塗ると日焼けする?

 

 

紫外線をカットする効果はない

ワセリンに日焼け止めの効果はありません。

 

一般的に日焼け止めには、紫外線を吸収する成分や紫外線を散乱させる成分が含まれています。吸収や散乱をさせることで紫外線を直接浴びてしまうのを避け、肌へのダメージを減らす効果が期待できるのです。

 

ワセリンには、紫外線吸収や散乱をする効果のある成分は含まれていません。そのため、ワセリンを塗っても紫外線をカットする効果は期待できないのです。

 

油焼けや日焼けしやすい状態になる心配は?

基本的に、ワセリンを塗ることで油焼けや日焼けをしやすくなるという心配はありません。

 

油焼けの可能性があるとしたら、純度の低いワセリンや保存方法が悪く劣化したワセリンを塗った場合だけでしょう。

 

油焼けとは、紫外線を受けた油が酸化することで、シミや色素沈着が起こることを指します。

 

ワセリンの成分は非常に安定なため酸化されにくいです。また、酸化は油に含まれる不純物が原因で起こるのですが、ワセリンは精製して不純物を取り除いているので問題ないでしょう。

 

ただし、白色ワセリンでも極少量の不純物は含まれているので、心配な方はワセリンよりも純度の高いサンホワイトを使用するのがよいでしょう。

 

ワセリンによって日焼けしやすくなるという心配は、サンオイルの効果を理解していないこととも関係しているようです。

 

サンオイルは日焼けしやすい状態を作っているのではなく、肌を傷めることなく日焼けをするサポートをいているのです。また、オイル自体には日焼けを促す効果はありません。

 

ワセリンの副作用はある?顔や唇、デリケートな部分へ使う際の注意点などを紹介

 

スポンサーリンク

 

ワセリン+日焼け止めで日焼けしないようにする

 

 

ワセリンと日焼け止めの両方を塗る理由

ワセリンと日焼け止めを併用することで、肌への負担を軽減する効果ができます。

 

日焼け止めの表示に「ケミカルフリー(紫外線吸収剤不配合)」というワードがあるのを見かけたことはありませんか?

 

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収することで肌に当たる紫外線を減らす効果のある成分です。また、肌への紫外線によるダメージを減らしてくれる一方で、肌に合わず肌荒れを起こす方もいます。

 

このように、日焼け止めが肌への負担となるリスクもあるのです。そこで、ワセリンを併用することにより肌を保護した状態で、紫外線対策を行うことができます。

 

ワセリンの保湿力とその効果を紹介!保湿クリームとしての使い方をご紹介

 

塗る順番と塗り方

ワセリンと日焼け止めを併用するときは、先にワセリンを塗るのがポイントです。そして、ワセリンを塗った後に上から日焼け止めを塗りましょう。

 

ワセリンを先に塗ることで肌に油の膜を張り、日焼け止めによる刺激を軽減することができます。また、紫外線によって肌が乾燥してしまうのを保湿効果で防いでくれるというメリットもあります。

 

さらに、ワセリンによって肌表面がなめらかになるので、日焼け止めの伸びが良くなります。肌に直接日焼け止めを塗るよりも、簡単にムラなく塗れるでしょう。

 

ワセリンを顔に塗るときの効果的な使い方を紹介!お顔全体を保湿ケア

 

サンホワイト+日焼け止めもオススメ

サンホワイトP-1[化粧油]

 

日焼け止めと併用する場合には、白色ワセリンよりも純度の高いサンホワイトを使用するのも良いです。特に赤ちゃんに使用する場合や、デリケートな顔や唇に塗る場合には、サンホワイトをおすすめします。

 

また、サンホワイトを使用するメリットは不純物が少ないことだけでなく、ワセリンよりも柔らかく塗りやすいことや、不快感の原因となるべたつきが少ないことも挙げられます。

 

 

ワセリンの種類による違いや市販品(クリーム・リップ・ジェルなど)を紹介

 

ワセリンで日焼け後の肌をケア

 

 

日焼けをした肌は、紫外線によって皮膚細胞が破壊され炎症を起こしている状態です。壊れた細胞は剥がれ落ちてしまうため、新しい皮膚細胞に再生できるよう促すことが日焼けを沈静化させるのによいでしょう。

 

保湿ケアのやり方

日焼け後の肌はダメージを受けやすい状態なため、保湿ケアが必須となります。保湿効果のあるワセリンを使って、デリケートな状態の肌をケアしてあげましょう。

 

①日焼け後の肌は乾燥しているので、はじめに水分を補給します。

低刺激の化粧水をたっぷりと使って皮膚に潤いを与えましょう。

 

肌が熱を帯びている場合には、冷水で絞った濡れタオルなどで肌表面を冷やしてあげましょう。

 

②肌への水分補給が終わったら、ワセリンを塗っていきます。

ワセリンは手のひらで柔らかくしてから、肌全体に薄く伸ばしていきましょう。

 

ワセリンの膜が壊れた表皮細胞の代わりとなり保湿するため、日焼けが早めに落ち着くでしょう。

 

ワセリンパックのやり方を紹介!顔全体や鼻、唇のケアをしてキレイに!

 

スポンサーリンク

手作りのワセリンクリームも!

日焼けが落ち着いてきたら、手作りのワセリンクリームで保湿ケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

ワセリンにアロマオイルや植物油を配合することで、オリジナルのボディークリームが作れます。

 

好きな香りのアロマオイルと栄養たっぷり植物油が加わることで、リラックス効果や美容効果も期待できるのでおすすめです。

 

ワセリンクリームの手作り方法を紹介!ボディクリームやクリームシャドウ・チークが作れます!

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。