ワセリンの副作用 顔や唇、デリケートな部分へ使う際の注意点など

スポンサーリンク

 

赤ちゃんから大人までお肌のケアに使用されるワセリンですが、副作用の心配がないか心配ですよね。

 

本記事では、ワセリンの副作用や使用するときの注意点を紹介しています。

 

ワセリンの副作用

 

 

副作用はあるのか

ワセリンによる副作用の心配はほぼありません。

 

どうして100%安全と言い切れないかというと、純度の高い白色ワセリンであっても極少量の不純物が含まれているため、状態が悪い肌やデリケートな敏感肌に使用すると肌に合わないことがあるからです。

 

ワセリンは油性成分であり、皮膚の表面に油膜を張ることで肌を保護する働きがあります。また、皮膚や粘膜から成分が吸収されることはないので、体内に入り込んでしまうという心配がありません。

 

もしも体内に入ったとしても、吸収されることなく便として排出されるため、体内に残って悪さをすることもないでしょう。

 

ワセリンでリップケア!塗り方やオススメのリップクリーム・バームを紹介

 

石油が原料だけど大丈夫?

ワセリンの原料が石油だと聞くと、肌に塗るのが心配になる方もいるでしょう。

 

しかし、ワセリンは何度も精製しているので、不純物がしっかりと取り除かれている安全な油です。肌への刺激が少なく安定性が高いので、化粧品や医薬品にも使用されているほどです。

 

例えば、口紅やアイシャドウなどの化粧品、軟膏やハンドクリームなどにもワセリンは含まれています。

 

ワセリンの成分・原料を紹介!気になる安全性も併せて説明します

 

アレルギー反応・症状が起きることはある?

ワセリンによってアレルギー反応・症状を起こすことはほぼありません。

 

ただし、わずかに含まれている不純物や不衛生に使用したことで混入した雑菌などが肌に合わない原因となることがあります。

 

何らかの肌トラブルが起きた場合には、必ず皮膚科を受診して医師にみてもらいましょう。

 

肌トラブルを起こさないためにも、アトピーの方や赤ちゃん、敏感肌の方は白色ワセリンよりも純度の高いサンホワイトを使用するようにしましょう。

 

サンホワイトP-1 400g

 

また衛生的に使用するためにも、清潔な容器に詰めかえて使用したり、指で取らずに綿棒やスパチュラでワセリンをすくうようにしましょう。

 

ワセリンとサンホワイト、プロペト、類似品との違いを紹介!

 

リップクリームを塗ると唇が荒れる?

リップクリームを塗ったことにより、唇がカサついてしまうということがあります。

 

一般的にリップクリームは、ワセリンなどの油性成分をベースにして、美容成分や医薬成分が配合されています。それにより、唇に栄養やうるおいを与えたり、荒れを抑えることができます。

 

ところが、伸びを良くするための成分やUVカットのための成分、香料などの添加物が皮膚への刺激となってしまうことがあります。

 

ワセリンは低刺激なので、リップクリームに含まれる様々な成分による副作用の心配はほぼないと考えられます。シンプルに保湿をしたいという場合には、白色ワセリンやサンホワイトを使用してみてはいかがでしょうか。

 

ワセリンで唇をケア!乾燥を防ぐ塗り方やパックの仕方と効果・副作用を紹介

 

スポンサーリンク

 

デリケートな部分への使用

 

 

痔に使うのは大丈夫?

ワセリンはデリケートな部分にも塗ることができるので、切れ痔の対処にも使えます

 

ワセリンを切れ痔に塗ると、油膜で傷口を保湿しながら治りを良くなるサポート効果が期待できます。

 

切れ痔によって出血があるときにも、ワセリンを塗ることで止血できます。また、ワセリンを塗った部分は滑りがよくなるので、排便時の痛みを和らげると同時に、傷口がさらに広がるのを防ぐことができるでしょう。

 

ただし、ワセリンを長期にわたって使用するのは避けましょう。切れ痔の様子を見て、必ず病院を受診するようにしましょう。

 

粘膜に塗るのは大丈夫?

少量のワセリンであれば粘膜に使用しても大丈夫です。

 

粘膜は吸収を行う器官であり、皮膚よりも多くの量を吸収する性質があります。体内では胃や腸の粘膜が吸収力の強い器官として有名ですが、口腔や生殖器などの粘膜においても吸収力が強いことは同じです。

 

ワセリンは油性が強いので粘膜で吸収されることはほぼないでしょう。ただし、粘膜は皮膚に比べると刺激に弱くデリケートです。長期間ワセリンを塗るのは避け、塗る場合には少量に控えたほうがいいでしょう。

 

ワセリンの使い方や塗り方のまとめ!様々なワセリンの用途を紹介

 

スポンサーリンク

 

顔や体に使用するときの注意点

 

 

保湿依存

「ワセリンを常に塗っていないと肌がカサついてかゆみがでる」というような症状が表れたら、ワセリンへの保湿依存の心配があります。

 

保湿する働きのあるワセリンですが、長時間塗り続けることで皮膚の正常な呼吸を妨げる要因にもなってしまいます。そして。皮膚呼吸ができなくなると新陳代謝が落ち、皮膚自体が水分を保持しようとする働きを弱らせてしまうリスクがあります。

 

その結果、ワセリンの保湿力の頼ってしまい、塗り続けていないと乾燥したり皮膚表面がゴワつくという状態に陥ってしまうのです。

 

ワセリンへの保湿依存を避けるには、毎日しっかりとワセリンを洗い流すことが必要です。ぬるま湯と石鹸の泡を使って、優しく洗ってあげましょう。

 

ワセリンの保湿力とその効果を紹介!保湿クリームとしての使い方をご紹介

 

ワセリン焼け

ワセリン焼けは、ワセリンに含まれる不純物が紫外線を浴びることで酸化し、シミなどの色素沈着が起きることです。

 

白色ワセリンやサンホワイトなどの純度の高いワセリンを選ぶことで、ワセリン焼けを起こす心配はないでしょう。ほとんどのワセリンは精製して不純物を取り除いているので純度が高くなっています。

 

また、ワセリン自体に日焼けを促進したりする性質はないので日焼けしやすくなるという心配はありません。

 

ただし、長期間使用していなかったり保存方法が悪く劣化しているワセリンについては使用を控えるのがよいでしょう。

 

ワセリンと日焼け止めで紫外線対策!効果や塗り方、塗る順番などを紹介!

 

アトピー(アレルギー性皮膚炎)

ワセリンによって肌を保護することで、保湿や刺激となるものからの守ることができます。そのため、炎症を予防する効果が期待できるでしょう。

 

ただし、アトピーの方がワセリンを使用する場合には注意が必要です。

 

副作用がなく安全とされているワセリンですが、デリケートな状態の肌には極少量の不純物が肌に合わないということもあります。

 

そのような心配を避けるためにも、白色ワセリンよりも高純度で不純物が少ないサンホワイトの使用をおすすめします。

 

サンホワイトP-1 400g

 

また、皮膚の状態を悪化させる原因として、肌を保護するために塗ったワセリンを洗い流す際に皮膚へダメージを与えてしまうことがあります。

 

これを回避するためには、少量を薄く伸ばして塗るということがポイントになります。その点サンホワイトは、白色ワセリンよりも柔らかく伸びが良いため、少量だけを薄くぬることが容易になります。

 

また、べたつきが少ないので、塗った後の不快感が少ないのも良い点です。

 

ワセリンがアトピーの悪化につながることも!効果や塗り方、注意点を紹介

 

赤ちゃん

赤ちゃんにワセリンを使うときは、白色ワセリンやサンホワイトなど純度の高いものを選びましょう。

 

赤ちゃんは大人に比べて皮膚が薄くとても敏感です。ワセリンに含まれる不純物で、かぶれなどの炎症が出ないようにベビー用ワセリンとして販売・処方されているものを使うのがいいでしょう。

健栄製薬 ベビーワセリン 100g

 

なお、生後しばらくは皮脂分泌が盛んであるため、ワセリンを塗る必要はありません。ワセリンで保湿をするときは、肌が乾燥しやすくなる生後3ヶ月頃を目安にしてください。

 

また、よだれや食べこぼしなどが付着したままワセリンを塗ると、肌がかぶれやすくなります。お風呂の後など肌清潔な状態で、ワセリンを塗るのがいいでしょう。

 

ワセリンで赤ちゃんをケア!顔や唇のケア方法やおすすめのベビー用ワセリンを紹介

 

スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。