【ベビーパウダーを赤ちゃんに使ったらダメ?】正しい使い方なら役立ちます!


スポンサーリンク

 

ベビーパウダーは赤ちゃんのお肌ケアに役立つグッズです。

 

一方で、「粒子が肌に詰まってしまうので使わないほうがいい」という意見もあります。

 

本記事では、ベビーパウダーが良くないとされる理由赤ちゃんのケアへの必要性効果的な使い方を紹介しています。

 

ベビーパウダーを赤ちゃんに使用する

「赤ちゃんにはダメ」とされるのはなぜか

汗腺が詰まる

赤ちゃんの肌にベビーパウダーを付けると、汗腺が詰まるからダメだと言われたことありませんか?

 

ベビーパウダーは、毛穴などに詰まらない粒子の大きさに設計されているため、正しく使用するのであれば汗腺に詰まることはほぼありません。

 

汗腺詰まりが心配な人は、乾いた肌に少量を優しく付けるようにしましょう。肌が濡れていると、ベビーパウダーが水分を吸って塊となり、汗腺に詰まりやすい大きさになることがあります。

 

また、ベビーパウダーを必要以上に付けすぎたり、肌にゴシゴシとすり込むように付けるのは止めましょう。

 

しっかりと乾かしてから、肌が白くならない程度の量を撫でるように付けるのが、上手なベビーパウダーの使い方です。

 

ベビーパウダーで毛穴ケア!黒ずみの落とし方や毛穴隠し、詰まりのリスクなどを紹介

 

鼻や口に入ると呼吸器系トラブルに

ベビーパウダーを鼻や口から吸い込んでしまうと、ぜんそくなどの呼吸器系トラブルを引き起こすことがあるという説があります。

 

空気中に舞い上がった微量のベビーパウダーを吸い込んだとしても、すぐ健康被害があるわけではありません。

 

ただし、赤ちゃんの気管は小さくて未発達であるため、微量のベビーパウダーを吸い込んだだけでも、むせて咳をするようなことはあります。

 

また、鼻や口だけでなく、目に入ることもあり、目ヤニやものもらいの原因になる可能性もあります。

 

赤ちゃんの上半身にベビーパウダーを付けるときは、パフの使用を控えることをオススメします。パウダーが飛び散らないように、手のひらを使って、優しく撫でるように付けてあげるのがいいでしょう。

 

ベビーパウダーの効果や成分を紹介!

 

アスベスト

「海外から輸入されたベビーパウダーがアスベストに汚染されていた」という事件が過去にありました。原料となるタルクから検出されたアスベストは発がん性があるため、当時はかなり話題になりました。

 

その事件の影響でベビーパウダーは赤ちゃんの肌によくないと信じている人もいます。

 

しかし、現在は国で安全基準を設けており、アスベストが含まれていないかどうかを検査したうえで、ベビーパウダーを製造・輸入しています。

 

ですので、お店などで手に入るベビーパウダーについては、アスベストの汚染を心配する必要はありません。

 

赤ちゃんのケアへの必要性

あせもの予防

ベビーパウダーは赤ちゃんのあせも対策にぴったりです。

 

赤ちゃんは汗腺が密集しているため、大人よりも発汗が盛んです。そのため、汗が皮膚にたまったり、汗で汗腺が詰まってしまうことが原因で、あせもになることがよくあります。

 

ベビーパウダーを付けると汗を吸収し蒸発を促してくれるので、皮膚をさらっと清潔に保つことができ、あせもを予防することができます。

 

あせもができやすい首回りや手足のくびれの部分を中心に、ベビーパウダーを薄く撫で付けてあげましょう。

 

ベビーパウダーで汗・あせも対策!使い方や汗腺に詰まるリスクなどを紹介

 

おむつかぶれの予防

赤ちゃんのお尻にベビーパウダーを付けると、おむつかぶれを防ぐことができます。

 

おむつを一日中付けっぱなしの赤ちゃんは、尿や汗などでおしりが蒸れてしまい、かゆみや痛みを伴うおむつかぶれになることがあります。

 

おむつかぶれを予防するには、おむつ交換のときなどに、おしりまわりにベビーパウダーを付けてください。

 

股ずれの予防

ベビーパウダーは肌の滑りをよくしてくれるので、股ずれの予防にも役立ちます。

 

赤ちゃんの皮膚は柔らかいので、皮膚同士がこすれ合う摩擦で股ずれとなり、赤みや痛みなどの炎症を起こすことがあります。

 

太ももなどの肌がこすれ合う場所にベビーパウダーを付けておくと、皮膚がさらさらと滑りやすくなり摩擦を和らげてくれます。

 

おすすめのベビーパウダーを紹介!

 

スポンサーリンク

 

効果的な使い方

赤ちゃんの顔にベビーパウダーを付けるときは、鼻や口、目にパウダーが入らないように気を付けましょう。

 

ベビーパウダーを手に取り、両手をこすり合わせて伸ばしてから、手のひらで包み込むようにして頬とおでこにのせてください。

 

ベビーパウダーで顔の汗対策!注意点(乾燥、ニキビ)やおすすめ商品を紹介

 

赤ちゃんの首まわりは汗をよくかくので、あせもができやすい場所です。

 

特に赤ちゃんの顔と首の間はめり込んでいて、汗がたまりやすくなっています。

 

赤ちゃんの首に付けるときは、ベビーパウダーを人差し指に付けてから、首のくびれに指を差し入れるようにすると付けやすいです。

 

赤ちゃんの全身に付けるときは、お風呂上がりなどの清潔な肌に付けましょう。

 

水気をよく拭き取ってから、少量のベビーパウダーを手のひらでよく伸ばし、手のひらを滑らすようにして付けていきます。

 

赤ちゃんの体はムチムチしているので、手足の関節のくびれなどは肉と肉がくっついて蒸れやすくなっています。

 

くびれ部分の皮膚を引っ張るように伸ばして、シワの間にもベビーパウダーを付けましょう。

 

おしり

赤ちゃんのおしりには、お風呂上がりやおむつ交換のタイミングで、ベビーパウダーを付けてください。

 

おむつ替えの際に付けるときは、先におしりふきや濡れガーゼなどで、尿や汗などの汚れを拭き取ってください。

 

その後、水気を乾かしてから、ベビーパウダーをパフや手で付けましょう。パフで付けるときには、おしり専用のパフを用意しておくと衛生的です。

 

スポンサーリンク

 

おすすめのベビーパウダー

シッカロールナチュラル

 

 

シッカロールナチュラルは、コーンスターチを原料としています。

 

コーンスターチとはトウモロコシから作られる植物性デンプンであり、お菓子の材料として使われることもあるくらい安全なものです。

 

また、うるおい成分として”べにふうき”というお茶のエキスと、植物性スクワランが含まれています。

 

天然の成分を中心にして作られているので、赤ちゃんにも安心して使うことができるでしょう。甘いミルクティーのような、リラックスできる香りがします。

 

ジョンソン ベビーパウダーシェーカータイプ

 

 

容器を振って出すタイプのベビーパウダーなので、微調整がしやすく、少量だけ使いたいときに便利です。

 

持ち運びができるので、マザーズバッグに携帯しておけば、外出先でもさっと赤ちゃんに付けることができます。

 

容器の中にパフや手が触れないので、衛生的に使うことができるのも良い点です。

 

様々なベビーパウダーを紹介!(ジョンソン・資生堂・ピジョン・ニベア・100均・和光堂)

 


 
スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です