【プロペトで唇ケア】効果的な使い方を紹介!色素沈着や荒れる心配はある?


スポンサーリンク

 

本記事では、プロペトを使った唇のケアを紹介しています。

 

プロペトとは?

プロペトとは

プロペトとは、肌などに塗って使う保湿クリームです。

 

ワセリンよりも純度が高く、白くて、伸びがいいことが特徴です。

 

小児科や皮膚科などで、軟膏としてよく処方されています。

 

とても刺激が少なく、粘膜付近に塗ることができるため、眼科で処方されることも多いです。

 

保湿剤として使われる

プロペトを肌に塗ると、バリアを張ったように皮膚を守ってくれます。

 

油の膜で肌を覆うことができるので、皮膚から水分が蒸発することを防いでくれます。

 

プロペトそのものが水分を補ってくれるわけではありませんが、先に保湿を行っておくことで、肌をしっとりと保つことができます。

 

肌への刺激が少ない

プロペトは、ワセリンからさらに不純物を取り除いて作ります。

 

そのため、皮膚への刺激がとても少なく、アトピーなどの敏感肌や、赤ちゃんの肌にも使うことができます。

 

油特有のギタギタ感が少なく、さらっと軽い付け心地なので、顔にも使いやすいです。

 

市販でも購入できる

プロペトは、病院で処方してもらう以外にも、市販品を買って手に入れることができます。

 

たとえば、薬局やドラッグストアで購入できる市販品としては、プロペトホームがあります。

 

チューブ入りなので使いやすく、処方箋なしで手に入るのが魅力です。

 

スポンサーリンク

 

プロペトで、赤ちゃん・子どもの唇ケア

子どもとプロペト

赤ちゃんの皮膚炎や、子どものものもらいなど、小児科などでプロペトを処方される機会は多いです。

 

使い切れずに余ってしまったプロペトは、唇の保湿クリームとして使うことができます。

 

刺激が少ないプロペトは、皮膚がとても薄くて敏感な、子どもの唇に使うのにピッタリです。

 

赤ちゃんとプロペト

◆赤ちゃんの唇

赤ちゃんの唇は、よだれや食べこぼしなどでいつもベタベタ。

 

皮膚がまだ薄いこともあり、ひび割れなどの炎症が起きやすい場所です。

 

そのうえ、指をしゃぶったり、何でも口に入れてしまうため、唇に塗ったクリームが口に入ってしまうことが多いです。

 

◆プロペトはなめても大丈夫

純度の高いプロペトは、赤ちゃんのリップクリームとして使っても安心です。

 

というのも、ペロペロと唇をなめる赤ちゃんの場合、塗ったリップクリームのほとんどが、体内に入ってしまうことも。

 

ですが、プロペトならば、たとえ少量が体内に入ったとしても、そのまま便として排出されるだけです。

 

体内に残りにくく、健康に害を及ぼしにくいため、神経質にならなくても大丈夫です。

 

◆大人用のリップクリームはNG

赤ちゃんに、大人用のリップクリームを塗るのはお薦めしません。

 

大人用のリップクリームには、香料などの添加物をはじめとして、不純物が多く含まれています。

 

中には、赤ちゃんにとっては、刺激が強すぎる化合物が含有されていることもあります。

 

毎日、少しずつ体内に蓄積されることを考えると、不純物が少ない赤ちゃん用のリップクリームを使うか、プロペトを使用するのが安心です。

 

 

プロペトで、大人の唇ケア

リップクリーム代わりに

プロペトは、リップクリーム代わりとして、唇の乾燥対策に使うことができます。

 

乳液よりもコクがあるので、唇にしっかりと乗せやすいです。

 

なお、リップクリームとして使うときには、小指や薬指に少量を取ってから、トントンと軽く乗せるようにして塗りましょう。

 

唇の縦ジワに沿って、指で撫でながら乗せていくと塗りやすいです。

 

外出先での唇ケアに

外出先に携帯するときには、チューブ型の容器に入れておくのがお薦め。

 

100均などで売っている、旅行用の詰め替え容器に入れ替えるのが便利です。

 

小さな口から絞り出して使う形の容器ならば、指を汚さずに、プロペトを少量ずつ唇に塗ることができます。

 

下地リップ代わりに

プロペトは肌馴染みがいいので、口紅を塗る前の下地リップとして使うのもOKです。

 

唇に油膜を張ってくれるので、冬の空っ風や暖房などで乾燥した空気から、唇を守ってくれます。

 

口紅を直接塗ったときよりも、しっとりと艶やかな状態を長く保つことができます。

 

グロス代わりに

艶っぽい質感があるプロペトは、グロス代わりとして使うことができます。

 

いつもどおり口紅などを塗ってから、仕上げにプロペトを乗せてみましょう。

 

まるでグロスを塗ったように、つるんとした質感の唇に見せることができます。

 

唇の真ん中付近にだけ、プロペトをたっぷりと塗ると、ぷるんと立体感のある唇に仕上がります。

 

唇パック

プロペトを使って、唇にパックをすることができます。

 

やり方は、唇にプロペトを塗ってから、サランラップでフタをするだけ。

 

浴槽に浸かりながらラップを行うと、お風呂の湿気も重なり、保湿力が高まります。

 

また、もっと簡単にパックする方法では、寝ているだけで、翌朝にはしっとりとした唇に。

 

就寝前にプロペトを塗ってから、マスクをはめて寝るだけという方法ですが、お手軽ながらもしっかりと効果を感じることができます。

 

スポンサーリンク

 

こんな唇にもプロペトが使える!

あかぎれの唇

あかぎれでカサカサになった唇にも、プロペトを使うことができます。

 

プロペトがバリアとなり、乾燥や外部刺激から唇を守ってくれるでしょう。

 

しかし、プロペト自体には保湿作用がないので、先に化粧品などで保湿を行っておくことが大切です。

 

また、あかぎれがひどく、出血や痛みなどがある場合は、医師などに相談してから使用するようにしましょう。

 

ヘルペスの唇

ヘルペスなどの口角炎になった唇にも、プロペトを使うことができます。

 

プロペトで油膜を張っておくと、外部からの細菌や唾液に含まれる雑菌が、患部に付着することを防ぐことができます。

 

低刺激で患部にも優しく、患部を保湿しながら回復を促すことができるでしょう。

 

ただし、プロペト自体には殺菌作用はないため、塗り続けることで必ず治るというわけではありません。

 

口角炎が長引く場合は、医師などから、殺菌作用のある軟膏などを処方してもらいましょう。

 

 

副作用の心配はある?

かぶれ

プロペトは、顔や目に使用できるぐらい、肌への負担が少ないクリームです。

 

赤ちゃんのおむつかぶれや皮膚炎などに処方されることもあり、副作用が生じにくいことが特色です。

 

それでもまれに、かぶれなどの副作用が起きることがあります。

 

プロペトが肌に合わず、かゆみやかぶれを感じた場合は、すぐに使用をやめて様子を見ましょう。

 

ヒリヒリ・赤み

プロペトを塗って、ヒリヒリとした痛みを感じたり、赤みや発疹などができてしまうことがあります。

 

敏感肌の場合では、プロペトのごく弱い刺激でさえ、肌には負担となってしまうことがあるからです。

 

痛みや赤みを感じたまま使い続けると、肌が荒れてしまい、皮膚炎などを発症することもあります。

 

プロペトを塗って、肌に違和感を感じたときには、すぐに使用をやめて医師などに相談しましょう。

 

色素沈着

プロペトを塗ることで、色素沈着が生じることはほぼありません。

 

プロペトが油性であるため、塗ったまま紫外線に当たると、色素沈着の原因になるのではないかと心配する人がいます。

 

しかし、色素沈着となる油焼けが生じるのは、油分に含まれる不純物が原因です。

 

プロペトは、不純物をギリギリまで取り除いて作られているため、色素沈着を心配せずに、日光の当たる場所でも使うことができます。

 

 

プロペトの塗り方

パッチテスト

初めてプロペトを塗るときには、必ずパッチテストを行いましょう。

 

ごく少量だけ、プロペトを唇に塗ってから、そのまま数時間おいて様子を見ます。

 

いきなり唇に塗るのが心配な場合は、二の腕や太ももなど、皮膚の柔らかいところに塗る方法でもOK。

 

しばらく経っても、赤みやかゆみなどが生じなければ、問題なく使用することができます。

 

塗る前に保湿する

何度も繰り返しますが、プロペト自体には保湿作用はありません。

 

そのため、プロペトを塗る前には、保湿を行っておくのが鉄則です。

 

先に、日頃から使用している基礎化粧品で、唇に水分をたっぷりと補ってください。

 

化粧水などをしっかりと唇に染み込ませてから、プロペトを塗って、皮膚にぴったりとフタをしましょう。

 

注意点

しっかりと保湿を行うには、プロペトはこまめに塗り直すことがポイント。

 

とくに、唇に塗ったプロペトは、食事やおしゃべり、洗顔などによって落ちやすいです。

 

食事や洗顔の後のタイミングはもちろん、何もしていなくても数時間おきには、プロペトを塗り直しておくと安心です。

 

塗り方

◆指などで優しく

唇の皮膚はとても薄いため、乱暴な塗り方はNGです。

 

皮膚を引っ張りすぎないように注意しながら、指などを使って、優しく塗ってください。

 

リップ用の筆や、綿棒などを使って塗ってもOKです。

 

◆縦ジワに沿って

唇が荒れているときには、皮膚に負担を掛けないように、気を付けながら塗りましょう。

 

唇の縦ジワに沿って、指でトントンとプロペトを乗せていくと、肌馴染みがいいです。

 

◆皮めくれにはたっぷりと

皮がめくれているときには、皮全体を覆うぐらい、たっぷりとプロペトを塗っておくのがお薦め。

 

皮膚が柔らかくなり、唇のガサガサ感を抑えることができます。

 

◆下地リップとして使うとき

リップクリーム代わりとして、プロペトを使う場合には、薄く伸ばすようにして塗るのがいいです。

 

というのも、厚塗りにすると、上から塗る口紅の持ちが悪くなったり、口紅の色がにじむ原因となってしまうからです。

 

もしプロペトを塗りすぎてしまったときは、ティッシュで軽く押さえて、余分な油分を吸い取らせましょう。

 


 
スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。