【プロペトで赤ちゃんをケア】使い方や、あせも・オムツかぶれをケアする塗り方など


スポンサーリンク

 

本記事では、プロペトを使った赤ちゃんのケアを紹介しています。

 

プロペトとは

プロペトとは、ワセリンからさらに不純物を取り除いて作られた、とても純度が高い保湿クリームです。

 

純度が高いということは、それだけ肌への負担が少ないということ。

 

肌が刺激を受けにくいため、体だけなく、顔まわりの保湿にも安心して使用できます。

 

香料や保存剤などの添加物を含まないため、化合物などに敏感な肌の人でも使いやすいクリームです。

 

赤ちゃんに使用できる?

赤ちゃんの肌に使える!

プロペトは、赤ちゃんの肌にも使用できます。

 

市販の赤ちゃん用の保湿クリームには、プロペトを原料としたものが販売されています。

 

また、赤ちゃんに湿疹や肌荒れができて、小児科や皮膚科を受診したときには、プロペトが処方されることも多いです。

 

病院で処方されているぐらいなので、ほとんどの赤ちゃんには安心して使用できます。

 

大人用クリームはNG

赤ちゃんの肌は、大人に比べて非常に皮膚が薄く、化合物などへの免疫がまだありません。

 

そのため、大人用の保湿クリームを塗ると、肌への負担が大きすぎて、かえって肌荒れや湿疹などがひどくなってしまうことがあります。

 

その点、プロペトは肌への刺激が少なく、赤ちゃんの敏感な皮膚にも、安全に使用することができます。

 

赤ちゃんの目にも使える!

皮膚にトラブルがない赤ちゃんでも、意外なところでプロペトが処方されていることがあります。

 

それは、眼科です。

 

汚い指で、すぐに目を触ってしまう赤ちゃんは、ものもらいなど、目の炎症を起こすことが多いです。

 

そのようなとき、眼科では、目の縁に塗るための軟膏として、プロペトがよく処方されています。

 

ごく少量ならば、目の中に入っても問題はないため、目をこするクセがある赤ちゃんにも、安心して使用できます。

 

他の医薬品と混ぜて使うことも

プロペトは、科学的に安定した物質であるため、他の薬品などと混ぜて使われることも多いです。

 

たとえば、病院で処方される、赤ちゃん用の軟膏には、医薬品にプロペトを混ぜて作られているものがあります。

 

また、ステロイドなどの刺激が強い軟膏を塗る際、プロペトを少量混ぜて塗り、肌への負担を和らげる使い方もあります。

 

スポンサーリンク

 

新生児に使用できる?

新生児の保湿

ぷにゃぷにゃした肌の感触がかわいらしい新生児では、まだ保湿は不要なのではと思う人が多いです。

 

ですが、赤ちゃんの肌を健やかに保つには、新生児の頃から保湿することがとても大切。

 

新生児の保湿には、ベビーオイルなど、よく伸びる保湿クリームがよく使われています。

 

プロペトは新生児にもOK

産まれたばかりの新生児にも、プロペトを使用することができます。

 

新生児にプロペトを使うときには、厚塗りに注意してください。

 

ベッタリと肌に塗ってしまうと、皮膚の腺を塞いでしまい、湿疹などのトラブルの原因になってしまうことも。

 

また、新生児の頭やおでこなどは、皮脂が多いため、プロペトを塗るのは避けたほうがいいです。

 

脂漏性湿疹などができている場所にも、塗らないようにしてください。

 

 

肌に合わないことはある?

まれに肌に合わないことも

とても副作用が少ないと言われるプロペトですが、誰の肌にも絶対に合うというわけではありません。

 

稀にですが、プロペトが肌に合わない人もいます。

 

とくに赤ちゃんは、大人よりも肌がとても敏感です。

 

体質や体調によっては、プロペトのわずかな刺激にも反応してしまうことがあります。

 

肌に合わなかったとき

プロペトが肌に合わなかったときには、かゆみや赤み、発疹などが生じます。

 

ですが、まだ言葉がしゃべれない赤ちゃんでは、かゆみがあるかどうかは分かりにくいです。

 

プロペトを塗った後は、赤ちゃんの動きや機嫌をよく確認しておきましょう。

 

かゆいときには、もぞもぞと変な動きをしたり、ぐずって泣いてしまうことが多いです。

 

また、皮膚に赤みなどが生じていないかも、同時に確認しましょう。

 

使用前にパッチテストを

◆パッチテストとは

初めて赤ちゃんにプロペトを使用するときには、必ずパッチテストを行ってください。

 

パッチテストとは、ごく少量を皮膚の一部に試し塗りして、皮膚や体調に変化がないかどうかを確認することです。

 

◆パッチテストの方法

赤ちゃんへのパッチテストでは、太ももの内側や二の腕など、見やすい場所に塗ります。

 

プロペトをほんの少しだけ塗った後は、いつもどおり過ごしながら、皮膚に異常が生じないかを観察してください。

 

数時間から半日経っても、皮膚や体調に変化がなければ、プロペトを問題なく使用できるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

プロペトの使い方

毎日の保湿に

プロペトを、毎日の肌の保湿に使ってみましょう。

 

皮膚にバリアを張って、水分が蒸発することを防いでくれるので、赤ちゃんの肌をしっとりと保つことができます。

 

塗り心地もさらっとしており、服などへのベタつき感がないので、赤ちゃんにとっても快適です。

 

手ごろな値段で手に入るので、一日に何度か塗り直す使い方をしても、家計の負担になりません。

 

お風呂上がりの保湿に

沐浴後やお風呂上がりの赤ちゃんは、そのまま放っておくと、どんどん肌が乾燥してしまいます。

 

肌に水気が残っているうちに、プロペトを使って保湿してあげましょう。

 

なお、入浴後すぐは、お風呂の熱気が残っており、肌がぽっぽと温まっています。

 

すぐにプロペトを塗ると、熱気が内にこもるので、かゆみを感じてしまうことがあります。

 

お風呂上がりは、バスタオルなどで水気を拭き取り、軽く熱を飛ばしてからプロペトを塗りましょう。

 

外出時の保湿に

プロペトは、外出時の保湿に使うのも便利です。

 

お出掛け前に、プロペトを塗っておくと、冬の空っ風や暖房などによる乾燥から、肌を守ることができます。

 

市販のプロペトなど、チューブ入り容器のものでは、携帯して持ち運びやすく、外出先で塗り直すことができます。

 

傷などのケアに

赤ちゃんの虫刺されや擦り傷は、なかなか治らないもの。指や爪で触ると、雑菌が入りやすく、化膿などの炎症を起こしがちです。

 

擦り傷などの上にプロペトを塗っておくと、傷口に軽くフタをすることができ、雑菌などが付着しにくくなります。

 

おむつかぶれの予防に

おむつかぶれの予防にも、プロペトは活躍します。

 

お尻まわりにプロペトを塗ると、プロペトがバリアとなり、おしっこや便などの刺激から、皮膚を守ってくれます。

 

ただし、プロペト自体には、おむつかぶれの炎症を治す作用はありません。

 

すでに真っ赤にかぶれている場合は、プロペトを使わずに、病院などを受診することをお薦めします。

 

 

プロペトの塗り方

顔への塗り方

◆先に保湿を行う

プロペトを塗る前に、赤ちゃんの顔に保湿を行います。

 

ベビーローションなど、赤ちゃん用化粧水を使って、肌に水分を補いましょう。

 

ベビーローションが皮膚に浸透したら、プロペトを塗っていきます。

 

◆プロペトをよく伸ばす

プロペトを少量手に取ってから、手のひらを合わせて揉み込みます。

 

体温でプロペトが溶けてくるので、手のひら全体によく馴染ませてください。

 

◆肌に乗せる

手のひらで、赤ちゃんの頬を包み込むようにして、プロペトを乗せます。

 

少しずつ手のひらを置く場所を移動させ、軽く押さえながら、顔全体にプロペトを付けていきます。

 

皮膚に強くこすり付けたり、擦り込ませる必要はないので、注意してください。

 

唇への塗り方

小指や薬指などに、ごく少量のプロペトを取ってから、指先で柔らかくなるまで混ぜ合わせます。

 

唇には、指先を使って、トントンと乗せるようにして、優しく付けていきましょう。

 

唇からはみ出るくらい、全体を囲むようにして塗ると、乾燥しにくくなります。

 

少しならば、口の中に入ってしまっても問題ありませんので、安心して塗ってください。

 

◆体への塗り方

赤ちゃんの体に塗るときには、プロペトを薄く伸ばしながら塗っていきます。

 

手のひらでプロペトを馴染ませてから、胸やお腹から順に塗っていきます。

 

腕や脚の部分は、両手で包み込むようにして付けてください。

 

むちむちした赤ちゃんの体は、関節周りや首など、皮膚がめり込んでシワになっている箇所が多いです。

 

皮膚を軽く伸ばしながら、シワの内部にも丁寧に、プロペトを塗っていきましょう。

 

◆おむつかぶれ予防の塗り方

お風呂上がりなど、肌が清潔な状態でプロペトを塗ります。

 

お尻をつるんと撫でるようにして、軽くプロペトを塗っておけば充分。

 

塗り直しをする場合は、一日に数回程度、お尻拭きできれいに拭き取った後に行うようにしてください。

 

おむつを替えるたびに、プロペトを塗り直す必要はありません。

 

◆あせも・湿疹への塗り方

赤ちゃんのあせもや湿疹を治すには、保湿することも大切。

 

プロペトで肌を保湿することで、あせもなどの炎症を和らげることができます。

 

ただし、プロペト自体には、殺菌作用や消炎作用はありません。

 

あせもや湿疹を効果的に治したいときは、プロペトと一緒に、殺菌作用などのある軟膏を使用することをお薦めします。

 

オススメの市販品

 

プロペトホームは、医薬品として販売されている、チューブ型のプロペトです。

 

薬局やドラッグストアなどで購入できます。

 

病院などで処方されるプロペトと似ており、柔らかく、さらっとした質感で塗りやすいです。

 

高品質な白色ワセリンから作られており、赤ちゃんの肌にも安心して使用できます。

 


 
スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。