【ワセリンの効果・効能】顔や唇の保湿から、傷ややけどのケアまで大活躍!


スポンサーリンク

 

成分のシンプルなワセリンですが、用途によって様々なサポート効果も期待できます。

 

本記事では、ワセリンの効果・効能や効果的な使い方を紹介しています。

 

効果・効能

 

ワセリンは肌に油の膜を張ることで、外部刺激から皮膚を保護する効果があります。

 

また、ワセリンの油膜は皮脂のように水分の蒸発を防いでくれるので、保湿効果も期待できます。

 

ワセリンの保湿力とその効果を紹介!保湿クリームとしての使い方をご紹介

 

スポンサーリンク

 

副作用

 

基本的にワセリンによって引き起こされる副作用の心配はありません。

 

ワセリンは皮膚表面に油膜を張るだけで、肌内部に浸透する心配はありません。また、体内に入り込んだとしても、胃などの粘膜で吸収されることも起こりにくいです。

 

そのため、ワセリンの成分が体に害を与えるということは考えにくいです。

 

ただし、ワセリンに含まれる極少量の不純物が肌に合わないということがあります。特に、アトピーの方や赤ちゃん、敏感肌の方は白色ワセリンであっても注意が必要です。

 

心配な方はお肌のデリケートな方は、白色ワセリンよりもさらに高純度なサンホワイトを使用するのがよいでしょう。

 

 

ワセリンとサンホワイト、プロペト、類似品との違いを紹介!

 

白色ワセリンよりも少しお高いですが、不純物が少ないためデリケートな肌にも優しく、柔らかく塗りやすいというメリットもあります。

 

ワセリンの副作用はある?顔や唇、デリケートな部分へ使う際の注意点などを紹介

 

スポンサーリンク

 

効果的な使い方

 

 

ワセリンで顔の保湿ケアを行うことで、乾燥が原因でできるニキビや肌荒れ、小じわなどの予防効果が期待できます。

 

また、ワセリンの油分で毛穴の油脂を引き寄せ、毛穴をケアすることもできます。

 

ワセリンパックや毛穴ケアは、洗顔後の清潔な肌に薄くワセリンを伸ばしてつけることがポイントです。また、ワセリンを使った後は、ぬるま湯と洗顔料を使ってしっかりと汚れとワセリンを落とすことが重要になります。

 

洗い残しは肌トラブルの原因となってしまうので注意しましょう。

 

ワセリンパックのやり方を紹介!顔全体や鼻、唇のケアをしてキレイに!

 

ワセリンを使った毛穴ケアを紹介!パックで詰まりや黒ずみ汚れをキレイに

 

ワセリンでニキビ跡をケア!保湿効果で大人ニキビの悪化を予防する方法も紹介

 

唇は表皮や角質層が薄く皮脂腺が少ないため、デリケートで乾燥しやすい部分になります。

 

ワセリンは肌への刺激が少ないので、唇のように敏感な部分のケアにも安心して使うことができます。ワセリンの油膜が乾燥から守ってくれるので乾燥対策になります。

 

ワセリンはリップクリーム代わりに使用するほかに、唇のワセリンパックとして使うのもおすすめです。ワセリンの保湿効果とはちみつの美肌効果で、潤いのある健康的な唇に仕上がります。

 

ワセリンで唇をケア!乾燥を防ぐ塗り方やパックの仕方と効果・副作用を紹介

 

ボクシングの試合中選手が顔から出血したときに、ワセリンを塗って対処していることがあります。ワセリンは、傷口を保護して一時的な止血をするときに使われています。

 

またワセリンは、切り傷などの小さな傷の治りをサポートしてくれる効果も期待できます。ワセリンの保湿効果を利用して傷口を浸出液で満たすことで、皮膚の再生する力を向上させます。

 

傷のケアだけでなく傷跡の保護や保湿にもワセリンは役立つのでオススメです。

 

ワセリンで傷口や傷跡を保護する方法と効果を紹介!止血にも使える!

 

火傷(やけど)

やけどでダメージを受けた皮膚(水ぶくれ、やけど跡など)は、肌のバリア機能が壊れて乾燥しやすくなっています。

 

また乾燥したまま放置すると、やけど跡が残ってしまうことや肌トラブルの原因となることがあります。

 

そこで、ワセリンを使用してしっかりと保湿することで、傷の治りをサポートすることができます。

 

ワセリンでやけどを処置する方法を紹介!いつまで塗ると効果的なのか?

 

赤ちゃん

ワセリンは肌への刺激が少ないため、赤ちゃんの肌にも塗ることができます。

 

肌の保湿だけでなく、おむつかぶれ・よだれかぶれの予防、ベビーオイルと併用して便秘解消のための綿棒浣腸なども行えます。

 

ワセリンは、少量であれば舐めてしまっても害はないので、赤ちゃんの手足や顔にも安心して使うことができます。

 

ワセリンで赤ちゃんをケア!顔や唇のケア方法やおすすめのベビー用ワセリンを紹介

 

日焼け

ワセリン自体には紫外線をカットする効果はありませんが、日焼け止めと併用することで、肌に優しい日焼け対策を行うことができます。

 

日焼け止めには、紫外線吸収剤など肌に刺激のある成分が含まれていることもあります。そこで、先にワセリンを塗ってから日焼け止めをつけることで、ワセリンが肌への負担となる刺激から肌を守ってくれます。

 

また、紫外線からのダメージによる乾燥も、ワセリンを先に塗っておくことで保湿され乾燥を防ぐことができるでしょう。

 

ワセリンと日焼け止めで紫外線対策!効果や塗り方、塗る順番などを紹介!

 

ニキビ

ワセリンで保湿ケアをすることにより、乾燥が原因でできる大人ニキビの予防になります。また、肌が潤うことで新陳代謝がよくなり、健康的な肌を保つのにも役立つでしょう。

 

ワセリンを塗る際には、皮脂腺が詰まらないよう薄く伸ばしてつけ、毎日しっかりと洗い流すようにしましょう。

 

ワセリンでニキビ跡をケア!保湿効果で大人ニキビの悪化を予防する方法も紹介

 


 
スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。