【ワセリンの種類による違い】市販品(クリーム・リップ・ジェルなど)を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、純度の違いによるワセリンの種類や様々なタイプの市販品を紹介しています。

 

ワセリンの種類

違いは純度が高いか低いか

ワセリンは純度によって、いくつかの種類に分けられます。純度の低いものから挙げていくと、黄色ワセリン→白色ワセリン→プロペ→サンホワイトという順になります。

 

黄色ワセリンに含まれる不純物を取り除いたものが白色ワセリンとなります。

 

また、純度が高い白色ワセリンにも微量の不純物が含まれており、それらを取り除いたものがプロペトになります。

 

そして、そのプロペトをさらに精製したものがサンホワイトとなります。

 

黄色ワセリン

ワセリンの中では精錬度が低く、薄い黄色をしていることから黄色ワセリンと呼ばれています。黄色い色味は、ワセリンに残っている不純物によるものです。

 

黄色ワセリンは医薬部外品として取り扱われるので、薬局やドラッグストア以外にもスーパーや雑貨店などでも販売されています。

 

黄色ワセリンはワセリンの中では比較的不純物が多いですが、肌の弱い方以外が使用する分には問題なく使用できるでしょう。

 

ただし、アトピー性皮膚炎の方や赤ちゃん、敏感肌の方の肌にはオススメできません。わずかに含まれる不純物が肌に合わず、肌トラブルの原因になるリスクがあります。

 

白色ワセリン

白色ワセリンは大きく2つに分けられます。

 

1つ目は「日本薬局方」という国の基準に沿って作られた”第3類医薬品”の白色ワセリンです。これらは、病院などで処方されるほか、薬局やドラッグストアなどで販売されています。

 

2つ目は”医薬部外品”として扱われる白色ワセリンです。医薬部外品といっても、「日本薬局方」の基準に合わせたワセリンと同等の品質のものもあります。

 

顔の保湿やワセリンパック、毛穴ケアに使用する場合は、黄色ワセリンよりも白色ワセリンを使うのがよいでしょう。

 

また、白色ワセリンであっても極少量の不純物が含まれているため、肌に合わない場合があります。

 

プロペト

 

 

白色ワセリンに含まれている極少量の不純物を取り除いて作ったものがプロペトです。プロペトは非常に純度が高く、眼球に使う軟膏の基材として使われているほどです。

 

プロペトは病院で処方されることも多く、非常に肌への負担が少ないワセリンとなっています。

 

薬局などで気軽に購入できるプロペトとして有名なのがプロペトホームです。

 

サンホワイト

 

 

プロペトよりもさらに純度が高いサンホワイトは、不純物がほとんど残っていない高品質の白色ワセリンです。

 

目のまわりや唇など、皮膚が薄くデリケートな場所でも塗ることができます。

 

サンホワイトの特徴として挙げられるのが、伸びがよく塗った後のベタつきが少ないことです。使い心地がさらっとしているので、デリケートな肌にもストレスなく使用できるでしょう。

 

アトピーの方や敏感肌の赤ちゃんには、サンホワイトの使用をオススメします。また、やけどでダメージを受けたお肌のケアにもよいワセリンです。

 

ワセリンとサンホワイト、プロペト、類似品との違いを紹介!

 

スポンサーリンク

 

市販品の種類

クリームタイプ

 

 

無着色、無香料、パラベンフリーの白色ワセリンです。

 

乾燥対策のための保湿だけでなく、乳液やハンドクリームに混ぜて保湿力を高めるなど様々な使い方ができるでしょう。

 

ヴァセリンとは?ワセリンとの違いやオススメのヴァセリン商品などを紹介!

 

リップクリームタイプ

 

 

使いやすいリップ型チューブタイプの白色ワセリンです。

 

無香料、無着色、パラベンフリーなので、皮膚が薄くデリケートな唇にも安心して使うことができます。

 

テクスチャーはやや固めですが、唇によく密着するので保湿力が高いです。

 

口紅やグロスの下地として塗っておいたり、口紅を落とすときのリムーバーとして利用するのもいいでしょう。

 

また、口紅の上に塗るとツヤ感が出るので、グロス代わりにもなります。

 

ワセリンで唇をケア!乾燥を防ぐ塗り方やパックの仕方と効果・副作用を紹介

 

チューブタイプ

 

 

ワセリンHGは大容量・チューブタイプのワセリンです。

 

ワンタッチキャップなので外出先でも使いやすく、容器が細身なので携帯するのにも便利です。

 

柔らかく伸ばしやすいので、簡単にササッと塗ることができます。

 

不純物が少なく低刺激なので、花粉症対策として鼻の穴に塗ったり、ワセリンパックとして顔に使うのもよいでしょう。

 

また、スポーツ前に足の裏や体に塗ると、靴擦れや服擦れによる摩擦を防ぐことができます。

 

おすすめのワセリン(チューブタイプ)を紹介!唇や顔のケアの必需品!

 

ジェルタイプ

 

 

ハイスキン モイストジェルは、とろけるような質感のワセリンを配合したジェルです。

 

ワセリンの他にも、ヒアルロン酸などの美肌成分や整肌成分を配合されています。

 

ジェルがお肌に潤いを与えながら、ワセリンの保湿力で潤いを閉じ込めてくれるでしょう。

 

また、ピオニーやローズを基調とした優しいフローラルの香りを楽しむことができます。

 

ポンプ式で塗りやすいので、お風呂上がりの全身の保湿にピッタリです。

 

ワセリンの保湿力とその効果を紹介!保湿クリームとしての使い方をご紹介

 

赤ちゃんに安心なタイプ

 

 

ベビーワセリンは、赤ちゃんの肌に適した無香料、無着色、パラベンフリーの肌に優しいワセリンです。

 

柔らかくて伸びがいいので、赤ちゃんの全身に素早く塗ることができます。お風呂上りの赤ちゃんの肌に薄く伸ばして塗ることで、乾燥から肌を守り、おむつかぶれや離乳食かぶれを予防することができるでしょう。

 

また肌への刺激が少ないので、大人の敏感肌や唇などのデリケートな部分に塗るのもオススメです。

 

ワセリンで赤ちゃんをケア!顔や唇のケア方法やおすすめのベビー用ワセリンを紹介

 


 
スポンサーリンク

 
「ベビーオイル ラボ」トップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。